1. トップページ >
  2. Play Back > 2015年度 >
  3. Play Back:東洋大学校歌の作詞
Play Back:東洋大学校歌の作詞

Play Back:東洋大学校歌の作詞

2015年12月10日更新
 

林古渓 明治32年哲学館教育学部卒業
林古渓 明治32年哲学館教育学部卒業

自筆原稿
自筆原稿

本学の校歌は、「浜辺の歌」の作詞で有名な林古渓(はやし こけい/本名・林竹次郎)氏によるものです。林氏は、東洋大学の前身となる哲学館の卒業生、本学講師としてもなじみ深い人物で、歌人・漢詩人・国漢文学者として活躍したことでも有名です。

1981(昭和56)年4月20日発行の東洋大学報には、1924(大正13)年の「校歌懸賞募集」で選ばれた校歌の成り立ちについて書かれています。「まず、校歌が作られた時代は、第一次世界大戦後急速に進んだ国力増強、それに伴い育っていった大正デモクラシー運動が背景にある」とあり、当時の緊迫した時代背景が垣間見える一文です。

これまで受け継がれてきた東洋大学の校歌には、このような秘話があったのです。

校歌