1. トップページ >
  2. Close-up! > 2015年度 >
  3. Close-up!:能楽鑑賞教室を開催! 世界に誇る伝統芸能に触れる
Close-up!:能楽鑑賞教室を開催! 世界に誇る伝統芸能に触れる

Close-up!:能楽鑑賞教室を開催! 世界に誇る伝統芸能に触れる

2015年12月8日更新
能楽鑑賞会の様子

10月10日、白山キャンパスの井上円了ホールで文学部日本文学文化学科の新入生教育プログラムの一環として「東洋大学 能楽鑑賞教室」を行いました。観世銕之丞家を中心とする演能団体で、能の普及と発展に尽力されている「銕仙会」の皆様を招き、「世界無形文化遺産」に認定された能楽の魅力を紹介する今回の催し。大変貴重な機会とあって、多くの学生や一般鑑賞者が参加しました。

能楽の世界を身近に感じる


プログラムは「解説・能装束着付け実演」からスタートしました。シテ方観世流の能楽師・浅見慈一氏がこれから行う演目の解説を行い、同・安藤貴康氏とともに能装束について説明。ここでは学生1名が壇上に上がり、能装束の着付けを体験しました。美しい「唐織着流し」を着て能面を付けると、あまりの重量と視界の狭さで歩くこともままならない様子。普段触れる機会の少ない「能楽」の奥深さを感じることができました。

狂言「清水」
シテ 太郎冠者 山本東次郎、アド 主 山本凜太郎、後見 山本則秀

茶の湯の会の準備のため、主人は太郎冠者を野中の清水(播磨国野中にある名水)に遣わす。その仕事を嫌に思った太郎冠者は逃げ帰ったふりをし、清水に鬼が出たと嘘をつく。はたして、太郎冠者の運命は? 鬼を恐がりつつも疑いを抱く主人と太郎冠者のコミカルなやりとりに、客席から思わず笑い声が上がりました。

半能「半蔀」
シテ 夕顔女 観世銕之丞、ワキ 僧 舘田善博、大鼓 柿原光博、小鼓 田邊恭資、笛 八反田智子、後見 岡田麗史、地謡 安藤貴康・浅見慈一・馬野正基・長山桂三

雲林院の僧(ワキ)が花供養をしていると、一人の女(前シテ)が夕顔の花を手向け、五条のあたりに住むと言い残して消える。僧がそこを訪れると、半蔀戸を下ろした小さな家から夕顔の霊(後シテ)が現れ、光源氏との思い出を語り、懐旧の舞を舞って半蔀戸の奥に消える。『源氏物語』「夕顔」巻を基にした甘美な恋の物語。幽玄な世界に引き込まれた学生たちは、食い入るように舞台を見つめていました。

また、演目の間には山本東次郎氏による能楽についての貴重なお話しがあり、公演後に設けられた質疑応答では活発な意見が飛び交いました。
現在、国際社会の中でも日本の文化について深く理解することが求められます。今回の「能楽鑑賞教室」は、学生が日本が世界に誇る伝統芸能「能楽」に触れることができる、大変貴重な会となりました。

――能装束着付け実演を体験した学生の声――

東洋大学文学部日本文学文化学科1年
髙良 駿輔さん

能楽を鑑賞するのは初めての体験。古典芸能に興味は抱いていたものの、これまでは格式が高いイメージがありました。
能装束の着付け体験では、とにかく重さと厚み、そして能面の視界の狭さにびっくり。能面は木で作られているので重量はそれほどないはずなのですが、手に取ると歴史と伝統からなる“重み”が感じられました。
体験後は演目を鑑賞したのですが、着付けを体験したあとに「能」を見るとその凄さがよくわかります。あの重さ、あの視界の中で、あんなに軽やかに舞えるのだと驚きましたね。
「狂言」では笑えるシーンもありました。言葉遣いの差はありますが、古の時代と現在でも共通する部分が多いと改めて感じました。

サイト文学部日本文学文化学科