1. トップページ >
  2. Play Back > 2015年度 >
  3. Play Back:防災意識を高めよう
Play Back:防災意識を高めよう

Play Back:防災意識を高めよう

2015年7月7日更新

学報記事

1981年9月1日、「防災の日」に発行された『東洋大学報 特別臨時号』では、地震・防災に関する記事を掲載しています。折しも、同年は建築基準法に基づく新耐震基準が制定された年でもあり、地震による建物の倒壊や非常事態に備える防災意識の高まりがうかがえます。

トップ面には歴史的な大地震を振り返り、安政江戸地震後に発行された瓦版を資料として掲載。「地震をいたずらに恐れるのではなく、地震とは何か、地震に対してわれわれひとりひとりが何ができ、何をしなければならないか、それを知ってふだんの用意を怠らないことが、地震国日本に生まれた私たちに、いまもっとも必要なことなのである」と続けています。

他にも「デマに惑わされない」「すばやく火の始末」「あわてて外にとび出すな」「下宿でも、まず身の安全」などのキャッチフレーズとともに、避難場所や持ち出し品一覧を大きく紹介し、避難時の対応を確認する内容となっています。

地震に限らず、さまざまな災害に対する防災意識を高め「備えあれば憂いなし」を実践することは、現代社会を生きる私たちにとっても重要なことではないでしょうか。