1. トップページ >
  2. Close-up! > 2013年度 >
  3. 井上円了哲学塾を開塾
井上円了哲学塾を開塾

井上円了哲学塾を開塾

2013年11月26日更新

東洋大学
井上円了哲学塾を開塾
―学生と社会人がともに実践哲学を追求する

自らは質素倹約に徹し、ひたすら情熱を傾けて民衆の教育に挺身した創立者 井上円了の志をうけ、混迷を深める現代に対して、哲学に基づく叡智をもって自らの価値観を形成し、理想社会の建設に果敢な行動力を発揮する次世代リーダーの育成を目指して、2013 年秋「東洋大学井上円了哲学塾」を開塾しました。

サイト井上円了哲学塾

塾頭
塩川 正十郎 総長

創立者 井上円了は、明治初期に西洋哲学・東洋哲学を広く学ぶとともに、民衆の教育事業を志し、哲学教育による人づくりから日本社会の改良を目指しました。本塾は、その志をうけ、時代を切り拓く情熱を持った人材の育成を目的としています。

哲学することを基盤とする少人数の塾で、現在は42人の塾生が参加しています。

先人たちの生き方とその哲学を学ぶとともに、塾生同士相互に深く議論して、自己を磨き成長できる場とすることで、現代の地球社会における自己の生き方を確立し、未来の地球社会のあり方を洞察して状況の変革のために行動する人材を育てます。また、塾生が自分自身の生き方の基軸を形成するとともに、社会のあるべきあり方も探求します。

プログラム概要

哲学基礎講座

「東洋哲学と現代社会」をテーマに、基本的な哲学的思考力を身に付けます。

哲学実践講座

  リーダー哲学講義

各界で活躍するリーダーを講師陣に迎え、これらの講義から塾生たちは「哲学すること」の重要性や現代社会の諸問題へ意識を高め「自身の哲学の確立」のためのヒントを学びます。

  リーダーシップ・セミナー

「リーダー哲学講義」の考察とともに、グループごとに設定した課題について徹底的にディスカッションし、チームワークとリーダーシップのあるべきかたちを探求します。

ゲスト講師による講演

  • 河合正弘 氏(アジア開発銀行研究所所長)
  • ハロルド・クロトー 氏(ノーベル化学賞受賞者・本学学術顧問)
  • 姜 尚中 氏(聖学院大学全学教授)
  • 堺屋太一 氏(作家)
  • 安藤忠雄 氏(建築家)
  • 中村桂子 氏(JT生命誌研究館館長)
  • 細川護熙 氏(元内閣総理大臣)
  • ドナルド・キーン 氏(文学者・本学学術顧問)
  • 梅原猛 氏(哲学者)

ファイナル・レポート

グループごとに共同で最終報告書を作成します。情報や意見の交換、効果的な連携作業などを学び、同じゴールを目指す連帯感を体験します。