1. トップページ >
  2. 東洋大学のカタチ > 2013年度 >
  3. インターンシップは将来をイメージするきっかけ
インターンシップは将来をイメージするきっかけ

インターンシップは将来をイメージするきっかけ

2013年8月19日更新

学生が企業や官公庁、自治体などで就業体験を積むインターンシップ。東洋大学では「キャリア教育」の一環として、各学部の授業、就職・キャリア支援課やグローバル・キャリア教育センターなどで、毎年数多くの学生の参加をサポートしています。その目的や利用法、さらには学生たちの体験談を紹介します。

インターンシップの参加目的はさまざま

インターンシップ体験談

文学部英語コミュニケーション学科4年
畔上育実さん

インターンシップ先:株式会社JALスカイ

法学部法律学科4年
新井佑太朗さん

インターンシップ先:株式会社小学館

国際地域学部国際観光学科3年
平山夏織さん

インターンシップ先:株式会社ニュー・オータニ

法学部法律学科3年
高岡里紗さん

インターンシップ先:日野法律事務所

インターンシップに参加する目的は人によってさまざまです。「気になる業界の仕事が自分に合っているか知るため」「特定の企業を知るため」など、就職活動に役立てるために参加する学生もいれば、「仕事や社会人の考えを知るため」「今後何を学ぶべきかを考えるため」に就業体験を積む目的で参加する学生もいます。理系学生なら「学んだことが実社会でどう役立つのかを確かめるため」に参加するケースもあります。

東洋大学では「独立自活」の精神に基づいたキャリア教育を展開しています。学生一人ひとりに多様な学習や体験の場を提供し、学生が自主的かつ主体的に行動できる力を育むのが目的です。東洋大学のインターンシップ取り組み状況について、就職・キャリア支援部就職・キャリア支援課の中村健司課長は次のように説明します。

「インターンシップを最も活用しているのは3年生ですが、最近では1・2年生が参加できるインターンシップも増えてきています。就職・キャリア支援課では、インターンシップとはどういったものなのか、どんな企業・団体が募集しているのか、どんな手続きが必要なのかなどについて、常に情報提供を行っています。加えて、参加前にはビジネスマナー講座を開講するなど、大学生が社会に入っていくためのサポートを行っています」


就職・キャリア支援部
就職・キャリア支援課
中村健司 課長

「自主的に」「積極的に」をサポートしています

インターンシップに参加するには、幾つかの方法があります。1つ目は就職・キャリア支援課かグローバル・キャリア教育センター(GCC)を通じて応募する。2つ目は、各学部で授業の一環として募集するインターンシップに応募する。3つ目は、就職情報サイトなどを利用して学生が自らインターンシップ先を見つけ、応募・参加することです。いずれも書類や面接による選考があることがほとんどです。

就職・キャリア支援課では、5月のインターンシップガイダンス、6月のビジネスマナー講座などを経て、夏季休暇中に開催されるインターンシップへの参加をサポートしています。インターンシップが終わると、学生は報告レポートを作成し、学んだことや反省すべき点について振り返ります。

「学生には、積極的に参加してほしいと思います。なぜ行きたいのか、インターンシップの経験を今後どう生かしていきたいのかを事前にイメージして参加すれば、必ず得るものはあります。インターンシップ先で社会人に会い、彼らの考える働く意味、考え方なども知ることができ、それらがすべて経験値になります」と中村課長は強調します。

各キャンパスの就職支援室では、インターンシップの情報提供しているほか、インターンシップに参加する方法についても詳しく聞くことができますので、この機会にぜひ利用してください。

インターンシップに参加するまでの流れ

※2013年度のスケジュールです。今後、変更する場合があります。
5月上旬■インターンシップガイダンス

1~3年生を対象にしたガイダンス。どんな体験ができるのか、どんな心構えが必要なのか、インターンシップに対する疑問を解消できます。インターンシップの概要、参加に必要な手続き方法を説明し、前年度に参加した学生の体験談も聞くことができます。

5月上旬■エントリーシート対策講座

エントリーシートの記入ポイントについて説明します。インターンシップの申し込み時に選考のあるケースでは、履歴書やエントリーシートの提出が求められることが多く、書類選考や面接の際の基礎資料となります。

6月1日■就職情報サイトがプレオープン

この時期の就職情報サイトはインターンシップの情報が満載です。3年生なら情報を登録することで、自分に合った企業のインターンシップ情報が届きます。インターンシップへの応募がスタートする時期でもあります。

6月上旬■就活実践講座(ビジネスマナー)

インターンシップに参加する学生の皆さんは、企業の一員としてのマナーを求められます。講座ではマナーの重要性や身に付けるべきマナー、立ち居振る舞いの基本について、実例を紹介しながら解説します。

6~7月■インターンシップの選考
8月■インターンシップに参加

サイト就職・キャリア支援について