1. トップページ >
  2. Play Back > 2014年度 >
  3. Play Back : 学報で振り返る東洋大学 -創刊
Play Back : 学報で振り返る東洋大学 -創刊

Play Back : 学報で振り返る東洋大学 -創刊

2014年6月2日更新

学生との意志疎通のために東洋大学報を創刊

1969年11月5日。今から45年前に東洋大学報が創刊されました。
その年の9・10月、2ヶ月間にわたり大学紛争によりキャンパスがロックアウト(大学閉鎖)されていました。そこで、学生との意思の疎通“コミュニケーション”をとるためのツールとして学報が生まれました。
冒頭、学報の誕生についてこう書かれています。
「このたび東洋大学報を発行することになりました。現在総務部より教職員を対象とした広報が発行されていますが、この学報は、それとは別に、とくに学生を対象としたものです。学内の出来事、教学に関係のある行事、教育・研究に重要と思われる問題等を掲載し、学園内の情報機関の一環として、学園生活の自主的な判断を促すための参考に供したいと思います。」

その後、時代とともに学報のカタチは変わり、2013年4月からは、インターネット上での公開(誌面は年3回)となりましたが、240号となる今も創刊当時からの想いは変わりません。学生の皆さんにより充実した学生生活を送ってもらうため、これからも大学のさまざまな情報を発信していきます。

2014年度の「Play Back」では、過去の学報から当時の学生生活や大学を振り返っていきます。

創刊号はB5サイズのモノクロ。
「体育ニュース」では、野球部と空手部の学生が海外で行われた試合に出場したことが記されていました。