1. トップページ >
  2. TOYO people > 2014年度 >
  3. TOYO people:グローバルリーダー型奨学金で留学 加賀美渚さん
TOYO people:グローバルリーダー型奨学金で留学 加賀美渚さん

TOYO people:グローバルリーダー型奨学金で留学 加賀美渚さん

2014年5月24日更新

留学を通して、自分に自信を持てるように

東洋大学では、世界中の大学と協定を締結し、国際交流を推進しています。夏季・春季休暇を利用した短期語学セミナーから、3ヶ月~1学期間の協定校語学留学、1年間の交換留学まで、多彩な留学制度を用意。学生の挑戦を支援するため、奨学金制度も充実させていきます。

01
加賀美渚さん(写真左から2番目)

文学部英語コミュニケーション学科4年
参加プログラム:交換留学
渡航先:アメリカ・ミズーリ州
期間:10ヶ月
奨学金のタイプ:グローバルリーダー型
02
2年生の秋から3年生の5月までの10ヶ月間、コミュニケーション学に特化した大学、アメリカ・ミズーリ州立大学へ交換留学しました。
留学中、休日には世界各国の留学生と買い物に出かけたり、寮でお互いの国の料理を作ったり、なるべく他国の方と交流するように努力しました。授業は少人数制、いかに発言したかが評価対象となります。はじめは戸惑いましたが、前期の授業でまず自分のレベルを把握し、後期に3・4年生の授業を受け挑戦する環境に身を置くことで、深く学ぶことができました。
このような経験を通して、さまざまな文化に触れ、さらに自分の力を伸ばすことができ、自信が持てるようになりました。

ひとりでも多くの学生に留学を経験してもらいたい

帰国後は、英語に興味をもつ学生の力になりたいという思いから白山キャンパスにあるECZ(English Community Zone)※のスタッフとして活動をはじめました。ECZでは日・英バイリンガルの学生スタッフがサポートを行っているため、英語に自信のない方も気軽に楽しむことができます。また、季節ごとに各種イベントを開催しており、日本にいながら異文化に触れることができます。英語や留学に興味のある方は、ぜひ気軽に来てください。私はここで活動することで、10 ヶ月の成果を感じることができました。

03

留学経験を通して視野が広がり、いろいろなことに挑戦してみたい、と感じるようにもなりました。残り1年間の学生生活では、もう1ヶ国語勉強したいと思っています。
海外留学促進奨学金制度を利用し、短期留学も検討しています。社会に出たときに活躍できるよう、そして今後の人生の選択の幅を広げられるように、あと僅かとなった学生生活の貴重な時間を使って、語学に限らず多くの経験を積みたいです。
こう思えるようになったのも、留学での経験があったからこそ。東洋大学では、資金面での支援も充実しており、奨学金を受けるために努力したことも自信につながっています。ひとりでも多くの学生に留学を経験してもらいたいという思いで、ECZでのサポートを続けています。

※ECZ(English Community Zone)ECZは、英語でのコミュニケーション能力と異文化理解の向上を目的としたスペースです。留学生や英語を身につけたい学生が集まり、英会話を楽しみます。英語で行われる各種イベント(クリスマスパーティーや留学情報交換等)の実施は、国際センターのWEBサイト等で随時公開しています。

場所:白山キャンパス8号館2階国際センター隣
開室時間:11:30~18:00(月~金、祝祭日を除く)

サイトECZ(English Community Zone)