1. トップページ >
  2. 東洋大学のカタチ > 2016年度 >
  3. 東洋大学のカタチ:2017年4月 新しい東洋大学、はじまる―新学部・新学科を開設し、13学部46学科に!―
東洋大学のカタチ:2017年4月 新しい東洋大学、はじまる―新学部・新学科を開設し、13学部46学科に!―

東洋大学のカタチ:2017年4月 新しい東洋大学、はじまる―新学部・新学科を開設し、13学部46学科に!―

2017年3月16日更新

新学部・新学科を開設し、13学部46学科に!

国際学部

グローバル・イノベーション学科/国際地域学科

世界を舞台に活躍し、地域社会の発展に貢献
グローバル化が進む現代社会のニーズに応えるため、2学科制の「国際学部」を新設し、これからの国際社会を見据えた実践的な学びの環境を整えます。
「グローバル・イノベーション学科」は、経済、環境、紛争など、様々な課題が発生している国際社会で、イノベーションを起こすためのリーダーシップ力を身につけます。卒業後は、グローバル企業や国際機関での活躍、ベンチャーやソーシャル・ビジネスの起業など、国際社会の新しい展開を担うリーダーを目指します。
「国際地域学科」は、文化の多様性を尊重し、アジアを中心に現場主義に基づく“地域づくり” を展開する力を身につけ、国内外のコミュニティを舞台にビジネスや開発支援などを通じて、社会発展に貢献できる実行力と異文化理解力/共感力を備えたエキスパートを育成します。

【INFORMATION】

キャンパス:白山キャンパス(東京都文京区)
入学定員:グローバル・イノベーション学科 100名
国際地域学科 国際地域専攻 210名
地域総合専攻 80名

竹中平蔵教授がグローバル・イノベーション学科へ

1951年生まれ。一橋大学経済学部卒業。博士(経済学)。ハーバード大学客員准教授などを経て2001年に小泉内閣で経済財政政策担当大臣、金融担当大臣、郵政民営化担当大臣、総務大臣を歴任。現在、政府の国家戦略特別区域諮問会議・未来投資会議メンバー。2016年東洋大学国際地域学部教授、グローバル・イノベーション学研究センター長を兼任。


竹中平蔵教授

国際観光学部

国際観光学科

グローバル市場化する観光業界をリードする人材の育成
訪日外国人観光客の増加など、グローバル化が進む観光業界を支える人材を育成する「国際観光学部」は“For Others,Be Professional”をモットーに日本文化を世界に正しく発信し、多様化する外国人来訪者のニーズを満たす具体的な施策を立案・実行できる人材を目指します。観光産業で必要な知識や教養、マナーなど、即戦力となる実務スキルのほか、観光資源保護や観光交流などの分野を理解した上で、地域、国家、世界の3視点から観光政策を具現化できる能力を身につけます。
卒業後は、旅行・観光業界やサービス業全般への就職のほか、即戦力となる実務能力やマネジメント能力を生かして、公務員、金融業、不動産業など多方面での活躍が期待されます。

【INFORMATION】

キャンパス:白山キャンパス(東京都文京区)
入学定員:366名

文学部

国際文化コミュニケーション学科

高い言語スキルと多文化理解を両輪として
真のコミュニケーション力を養う

国際化の急激な進展により、国や価値観の違いを越えて信頼関係を構築できる「コミュニケーション力」が必要とされています。文学部英語コミュニケーション学科を発展改組して開設する「国際文化コミュニケーション学科」では、必修の英語に、ドイツ語、フランス語、日本語などを加えた多言語にわたるスキルを磨くこと、日本や世界の文化、歴史や思想、社会背景などに対する深い理解と幅広い教養を身につけることを目指します。その2つを軸とする真のコミュニケーション力を以て、国際社会で自己を発信しながら活躍できる人材を育てていきます。
卒業後は、教育文化産業やグローバル産業、各種公務員、出版、報道、広告、翻訳、通訳などでの活躍を目指します。

【INFORMATION】

キャンパス:白山キャンパス(東京都文京区)
入学定員:100名

情報連携学部

情報連携学科
※大学院情報連携学研究科も同時開設

情報通信技術を活用し、
システムと人々を「連携」させる力を磨く

日々、新しい技術や価値が生み出される現代では、インターネットを通して多様な人々と連携し、スピーディーにアイデアを形にできる能力が求められています。赤羽台キャンパスに開設する「情報連携学部」は、インターネットの中の様々な機能やサービスを組み合わせ、多様な人々と「連携」する力を学ぶ実践的な学部です。連携の基盤としてCS(Computer Science:コンピュータ科学)教育を重視し、すべてのコースでCS 初級とプログラミング教育を実施。
卒業後は、身につけた情報分野の専門スキル、グローバルなコミュニケーション能力、チームで課題解決する能力を生かして、社会の多方面での活躍を目指します。さらに、チームの仲間との起業を支援するビジネス・インキュベーション制度も構想しています。

【INFORMATION】

キャンパス:赤羽台キャンパス(東京都北区)
入学定員:400名

坂村健氏が学部長に就任予定

1951年生まれ。慶應義塾大学卒業。工学博士。専門は電脳建築学。1984年よりTRONプロジェクトのリーダーとしてまったく新しい概念によるコンピューター体系を構築。2015年、ビル・ゲイツ氏等とともに国際電気通信連合(ITU)150周年賞をアジアで唯一受賞。2015年から東洋大学情報連携学部等設置推進委員会委員長を務める。


坂村健氏

白山キャンパス10号館が完成

2017(平成29)年4月、白山キャンパスに誕生する新教室棟「10号館」は、1~3階が教室フロア、4~5階が研究室フロアで構成されます。建物中央の階段室上部にトップライトを設け、自然光を下階まで取り込むことができ、明るい空間づくりを実現。さらに吹き抜け空間の煙突効果を活用した積極的な自然換気を取り入れるなど、随所に工夫を凝らした設計です。

サイト国際学部

サイト国際観光学部

サイト文学部 国際文化コミュニケーション学科

サイト情報連携学部