交換研究員受入制度

  • English
  • 日本語

概要

本学において研究に従事することを目的として、学術交流協定校から教員を交換研究員として受け入れる制度です。
(期間・待遇は協定校との協定に基づく。)

受入までの手続きについて

  1. 協定校の国際センターを通して、本学の国際推進課へ必要書類を提出。
  2. 国際センターで、受入および受入予定学部を審議の上、受入予定学部へ依頼。
  3. 受入予定学部で、受入の審議および研究協力教員の選出。
  4. 受入決定。
  5. 交換研究員として来日(応募書類の提出から入管の手続きまでを含めて、最短でも来日までに約4ヶ月必要となります。)

※必要書類履歴書、研究計画書、所属大学での在職証明書(日本語または英語。それ以外の場合は、和訳または英訳を提出してください。)所属大学からの推薦状(日本語または英語)、卒業証明書または卒業証書の写し、パスポートの写し(顔写真のページ)