交換研究員派遣制度

  • English
  • 日本語

※募集については、例年3月に学部長を通じて公表します。

概要

交換研究員交流協定に基づき、協定校において研究に従事することを目的として派遣される専任教員をいいます。但し、長期海外研究(1年)並びに国内特別研究終了後2年以内の者を除きます。
教育活動派遣先協定校の要請に基づき、講義等の教育活動に参加する場合あり。
決定手続学部教授会の推薦を受け、国際交流委員会議の議を経て学長が決定する。
派遣期間原則として3ヶ月以上1ヵ年以内。
※変更・延長の場合は所属学部教授会の承認が必要
募集人数派遣対象校につき各1名が原則で計2名。
研究報告書派遣終了後1ヶ月以内に学長に提出。(様式は別途定める)
応募資格者原則として本学の専任教員として3年以上継続勤務した者。
待遇
  1. 基本は協定に基づき大学間の相互主義に基づくものとする。
  2. 原則として宿舎並びに研究室は派遣先協定校により準備される。(含む光熱費)但し上記1.に基づき、派遣先協定校によっては交換研究員が宿舎費用を一部、または全額負担しなければならない場合もある。
  3. 本学での給与は派遣期間中も支給されます。但し、派遣期間中の通勤手当は支給されません。
  4. 経費は、本学国際交流基金から支出基準に基づき支出される。但し交通費、滞在費の支給については「派遣期間」に定められた期間内とする。
  5. その他
    (1)予定の研究期間が短縮された場合には、その日数分の滞在費は返還するものとする。
    (2)研究期間が次年度にまたがる場合には、研究開始年度で予算執行を行う。

※詳細については、国際センターにお問い合わせください。