MENU CLOSE

秋田県

  • English
  • 日本語

楽水亭と命名(庭園)(秋田県男鹿市船川港)

  

設置場所

秋田県男鹿市船川港船川 大龍寺内楽水亭庭園内楽水亭

内容

寺内碑軸
軸「楽水亭」
詩軸

庭園内
記念碑「楽水亭」
詩碑

円了巡講日誌より

大正4年7月18日 晴 土崎駅より汽車にて脇本に至り、これより馬車にて走ること一里半、船川港町に入る。<中略> 休泊所は澤木家別荘楽水亭。楽水亭は丘上にありて、前に寒風山と相対し、下には船川湾を一瞰し、遠く海波を隔てて由利郡一帯の連山を望見するところ、実に対画の観あり。ときに一首浮かぶ。
避暑宜登楽水台、一湾晴景眼前開、披襟対座皆忘夏、涼自寒風山頂来 圓了道人
(暑さを避けるには丘の上の楽水亭に行くのがよい。船川湾の晴れやかな景色が目の前に開ける。えりをくつろげて、ゆったりとこの景色に対すれば、夏であることさえ忘れよう。涼しさは寒風山のいただきから吹いてくるのである。)

設置者(保管者)

楽水亭保存事業委員会

取材記録

秋田県男鹿市の大龍寺内に、円了が命名した楽水亭という庭園付き建造物に詩碑が建立されている。楽水亭とは明治42年に建てられた沢木晨吉の別荘であるが、現在はかつての別荘部分に増築を施し、大龍寺の一部として現存している。
当時、沢木晨吉は講演会を通じて円了と意気投合し、別荘へ招いた。別荘で宿泊した円了は、そのあまりの絶景に深く感動し、その感動を詩に残した。円了が感動した景色というのは現在の風景と異なり、一面の海景色であったとされる。したがって円了が命名した「楽水亭」の由来は「水を楽しむ亭」という意味があったのではないかと推測される。
円了の詩碑、および楽水亭と刻まれた石碑は、大龍寺正面入り口前の大きな庭に設置されていた。碑は、楽水亭の主人である沢木晨吉の像と並ぶように建っており、趣深いものを感じた。これらは1998年に大龍寺70周年を記念して現住職の三浦昭翁様を中心に建立された。裏面には碑を建てる際にご尽力いただいた楽水亭保存事業委員会の方々の氏名が彫られている。また、碑の元となった軸は楽水亭内で大切に保管されている。

アクセス

東京から新幹線で男鹿まで、約6時間
男鹿駅から徒歩8分で行けます。