MENU CLOSE

山口県

  • English
  • 日本語

馬嘶峻嶺苦行暁 法輪更転澆季時(山口県熊毛郡平生町)

馬嘶峻嶺苦行暁 法輪更転澆季時(山口県熊毛郡平生町万徳寺) 馬嘶峻嶺苦行暁 法輪更転澆季時(山口県熊毛郡平生町万徳寺)

設置場所

山口県熊毛郡平生町

内容

経像前 石柱一対 「馬嘶峻嶺苦行暁」「法輪更転澆季時」

円了巡講日誌より

(万徳寺に関する記載はないが)大正2年12月に曾根村、佐賀村にて講演を行い、平生町の習成小学校の講堂で行われた。

設置者(保管者)

万徳寺

取材記録

「白壁の街並み」で有名な柳井市から車で南へ走り、程なく平生町。少し海から離れたところに万徳寺があり、ここに一対の立派な石柱が建っている

瀬戸内海性気候といわれる、この温暖な地に大正2年、井上円了は講演のために訪れている。それから100年近く経た平成21年春。
寺の改修工事のため、碑文の書かれた石柱を堀り起こしたところ土に埋められている刻印を発見。刻印は縦3列に「怪談我 甫水圓了 躬是怪」(怪を談ずる我は 井上円了なり きわめてこれ怪なり)。この地の講演テーマは「妖怪談」であったのだろうか。(取材日2009年3月11日)

アクセス

  • 東京から新幹線にて広島まで約2時間15分
  • 広島からJR山陽本線で柳井まで約1時間20分
  • もしくはJR快速シティライナー下関行で柳井まで約1時間10分
  • 柳井駅から万徳寺までは約4kmあります