MENU CLOSE

宮崎県

  • English
  • 日本語

一之瀬水路記念碑 開田記念碑 願蔵寺 掛軸 (円了揮毫)(宮崎県串間市)

 

設置場所

宮崎県串間市 一之瀬地区公民館敷地内

内容

記念碑 「開田記念碑」

円了巡講日誌より

明治40年3月23日 晴れ。鹿児島県志布志村より海にそいて宮崎県日向国に入る。丘陵起伏、なお馬車を通ずべし。途中の所見、詩中に入るる

春風一路鳥声閑、車過花紅柳緑間、探尽薩南隅北勝、吟眸認得日州山

当日、南那珂郡福島村高等小学校で開会す。福島、大東、北方三村の発起なり。聴衆、堂にあふれて庭に満つ。

設置者(保管者)

宮崎県が社会教化事業を顕彰するため建立(昭和16年)

取材記録

明治期、当時の一之瀬地区は荒涼とした原野であり、農家は、乾いた土壌になる芋、粟などに頼る生活をしていた。その窮状を改善するため、願蔵寺のご住職が中心となり水路開田事業が行われた。記念碑の文字は明治40年に宮崎県を巡講していた円了によるものである。水源である大矢取川から引かれた水により多くの人々が稲を作り、豊かな安定した暮らしができるようになったという。
時代は移り、休耕田となった土地に今は、串間名物「寿甘藷」が栽培されている。(取材日2008年12月10日)

アクセス

羽田から宮崎まで空路で約1時間45分
宮崎空港からJR宮崎空港線で、「田吉」へ、JR日南線に乗り換え
「串間」まで2時間20分くらい。公民館へは「よかバス」三ヶ平線で
「市ノ瀬公民館」下車、もしくはタクシーで