ページの先頭です。

哲学堂公園

哲学堂について

中野区松ヶ丘にある哲学堂公園は、井上円了博士が「哲学をテーマにした精神修養」の場として創立した、世界でも珍しい公園です。園内には哲学に由来する建築物や碑、池や坂などの風物などが点在し、哲学世界を視覚的に表現しています。また哲学堂公園は都内でも有数の花の名所として四季折々の風情が楽しめ、地域の散策・憩いの場として多くの人々に親しまれています。

哲学堂の歴史

明治37年、四聖堂の建設を皮切りに、六賢台・三学亭・哲理門が建設、大正時代に宇宙館と絶対城の建設をもって落成しました。実はこの地は狭隘となった当時の哲学館(東洋大学の前身)の新校舎予定地として用意されたものですが、その後の事情により大学移転は行われず、現在のような庭園となりました。
昭和19年に東京都に移管され、昭和50年からは中野区立公園となりましたが、その後も古建築物の修復、中野区有形文化財への指定など、積極的な保護活動が続けられています。
平成21年2月、哲学堂公園は東京都教育委員会より東京都の名勝に指定されました。

東洋大学とのかかわり

東洋大学のゆかりの地である哲学堂公園。本学では大学関係者により毎年6月6日、井上円了博士の祥月命日法要として哲学堂公園向かいにある蓮華寺にて「学祖祭」を、11月第1週土曜日、井上円了博士の遺志により哲学の普及を願う「哲学堂祭」を哲学堂公園内で開催し、井上円了博士の建学の精神を今なお受け継いでいます。

写真:(6月 学祖祭)
(6月 学祖祭/蓮華寺本堂)

写真(11月 哲学堂祭:/「宇宙館」における講話の様子)
(11月 哲学堂祭/「宇宙館」における講話の様子)

園内の建築物・石碑・風物

哲理門(てつりもん)

写真:哲理門

瓦に哲マークが刻された哲理門(妖怪門)を抜けると、正面に四聖堂、右手に六賢台という、哲学堂公園の象徴的な建物が目に入ります。

六賢台(ろっけんだい)

写真:六賢台

「東洋的六賢人」として聖徳太子・菅原道真・荘子・朱子・龍樹・迦毘羅を祀っています。

四聖堂(しせいどう)

写真:四聖堂本堂に孔子と釈迦、西洋哲学のソクラテスとカントの「四哲人」を祀ります。各キャンパスにある「四聖」のオブジェと同じです。

東洋大学の碑

写真:東洋大学の碑

四聖堂前にあるこの碑は、『心を養う公園』と題し、井上円了博士の偉業を讃えています。

髑髏庵(どくろあん)

写真:髑髏庵

休憩所にまでこんな名前が。俗塵に汚された精神を清め、いよいよ哲学的雰囲気に浸るための準備の場所、という意味を持ちます。

宇宙館(うちゅうかん)

写真:宇宙館

哲学とは宇宙の真理を研究する学問。ということで、その講話を行う場所としてこう名付けられています。哲学堂祭(毎年11月第1土曜開催)の講話が行われる場所です。

絶対城(ぜったいじょう)

写真:絶対城

図書室です。「万物の書物を読み尽くすことは絶対の妙境に到達する道程である」という意味から名付けられています。

経験坂(けいけんざか)

写真:経験坂

唯物園に達する道。階段は経験を表し、唯物論の立論には理化博物等の実験をその考証とするとしてこの名が付けられています。

哲学堂公園へのアクセス

所在地:〒165-0024 東京都中野区松が丘1-34-28
Tel/03-3951-2515
Fax/03-3951-2280
交通:西武新宿線「新井薬師前駅」から徒歩12分
都営大江戸線「落合南長崎駅」から徒歩13分
※駐車場はありませんので、車でのご来場は
ご遠慮ください。
開園時間:4月1日~9月30日:8時00分~18時00分
10月1日~3月31日:9時00分~17時00分
閉園日:年末(12月29日~12月31日)

哲学堂公園ホームページ