MENU CLOSE

国際井上円了学会フランス研究集会を開催

  • English
  • 日本語
 

東洋大学国際哲学研究センター(IRCP)は、2012年6月30日、フランス、コルマール近郊のキンザイムに位置するアルザス・欧州日本学研究所(CEEJA)において、同研究所およびストラスブール大学日本学科との共催で、国際井上円了学会フランス研究集会「井上円了とその時代」を開催しました。

国際井上円了学会は2012年9月に正式な発足を予定しておりますが、本研究集会は、それに先立って、諸外国ではまだほとんど知られていないこの明治期の哲学者・教育者の思想を国際的な視野から評価するための国際的なネットワークの形成の一環として開催されたものです。

本研究集会が開催されたCEEJAは、日本と経済・文化・科学・技術の分野における密接なつながりを有したアルザス地方において、日仏の学術交流を深めるために設立され、数多くの国際的な学術的な集会が行われている研究機関です。

ドイツとの国境にほど近い風光明媚なアルザス地方は、比較的過ごしやすい気候で知られていますが、研究集会が行われた6月30日には例外的な暑さを迎えていました。それに勝るとも劣らぬ熱気のもと、井上円了を巡って国内外の研究者らの議論がたたかわされました。

 

研究集会には、IRCPからは竹村牧男研究員(学長・文学部教授)、三浦節夫研究員(ライフデザイン学部教授)、フレデリック・ジラール客員研究員(フランス国立極東学院)、黒田昭信客員研究員(セルジー・ポントワーズ大学)、ライナ・シュルツァ客員研究員(フンボルト大学)が発表者として参加し、外部講演者としてボルドー大学准教授のエディ・デュフルモン氏、パリ大学国際大学都市日本館図書室司書の市川義則氏に参加をいただきました。また、CEEJAからは同研究所副所長でストラスブール大学日本学科教授のサカエ・村上=ジルー氏をはじめ多くのスタッフが参加され、また日本学術振興会ストラスブール研究連絡センター長の中谷陽一氏、フランス国立東洋言語文化大学日本学部教授のミカエル・リュッケン氏ほか多くの方が来場くださいました。
各々の発表は井上円了の生涯、活動、哲学、宗教等々に関わる充実したもので、参加者・来場者から多くの質問やコメントが寄せられ、活発な議論が展開されました。

 

一つの研究機関にて研究集会を開催するのみならず宿泊や食事をともにすることで、井上円了研究、関連した日本学研究、さらに東洋大学国際哲学研究センターの活動などについて、国内外の研究者とさまざまな観点から率直かつ熱気あふれる意見交換を行なうことができ、国際井上円了学会が9月に正式に発足するに先立って、井上円了研究の意義を内外に示すには十分な成果を残すことができたように思われます。

国際哲学研究センター