MENU CLOSE

哲学館事件

  • English
  • 日本語

哲学館事件

著作物

  井上円了が教員免許の私学への開放を求めた先駆者であることは、あまり知られていません。文部省は官学(国立)の卒業者に免許を卒業とともに与えましたが、私学の学生は検定試験を受けなければならないという規制がありました。哲学館を創立した井上円了は、明治23(1890)年から2度にわたり制度の開放を求めました。3度目は都内の私学の連合ができて、井上円了はその代表者となり、文部省と交渉して、ようやく明治32(1899)年に哲学館など4校に中等教員の無試験検定が認可されました。その第1回の卒業生が誕生する明治35(1902)年12月に、哲学館は認可を取り消されました。倫理学の学生の答案の中に、「動機が善ならば弑逆(しいぎゃく・主君や父を殺すこと)も許される」というミュアヘッドの教科書の一節を見つけた文部省の視学官が、国体に反するとして問題にしたからです。この事件は社会的な問題として発展し、文部省の私学撲滅策という批判もありました。井上円了はロンドンで事件の発生を知り、日本の狭さを実感したと述べています。