1. トップページ
  2. About Toyo University//東洋大学について
  3. 創立者 井上円了について
  4. 平成26年度「井上円了が志したものとは」選考結果について
MENU CLOSE

平成26年度「井上円了が志したものとは」選考結果について

  • English
  • 日本語

平成26年度選考結果について

 平成26年度『井上円了が志したものとは』作品募集の入賞作品が決定しました。応募いただいた作品数は1,200篇、入賞者は以下の通りです。 皆様、素晴らしい作品を多数ご応募いただき、誠にありがとうございました。
 この作品募集は、本学学生を対象とした「東洋大学生の部」、一般の方々を対象とした「一般の部」、附属姫路高等学校、附属牛久高等学校、京北高等学校・京北学園白山高等学校の生徒を対象とした3つの「高等学校の部」の計5部門で行なわれました。「東洋大学生の部」「一般の部」では、学長を選考委員長とし、高等学校の3部門では、各高等学校長を選考委員長とした選考委員会をそれぞれ組織し、厳しい審査を経て入賞作品が決定されました。また、優秀賞の中から最も優れた作品には、部門ごとに東洋大学長賞が授与されます。
 入賞者の方々には、東洋大学長から、賞状と副賞が贈呈されます。
表彰式の詳細はこちら

平成26年度入賞者

東洋大学生の部

東洋大学長賞

鹿野 真優
(国際地域学部国際観光学科1年)

井上円了のスゴいところ

優秀賞

泊 健一朗
(社会学部社会学科3年)

いま求められる向上と向下の哲学

望月 綾人
(国際地域学部国際観光学科1年)

井上円了が僕らに残したモノ

北村 このみ
(総合情報学部総合情報学科3年)

情熱と行動力が歴史を作る

柴田 甚一
(文学部日本文学文化学科通信教育課程4年)
井上円了の教育理念と現代教育

梅田 愛子
(文学研究科インド哲学仏教学専攻博士前期課程1年)

再考「諸学の基礎は哲学にあり」

一般の部

東洋大学長賞小柳 惠子円了先生と五十年の日々
優秀賞

高橋 信行

大きく開かれる門戸 東洋大学と野溝七生子の相互享受

優秀賞

辻元 悠平

井上円了の教育理念とその現代的展開

附属姫路高等学校の部

東洋大学長賞阪部 颯来
(1年1組)
円了の意志を受け継いで
優秀賞川渕 怜太郎
(1年2組)
二つの「主義」
向井 虎太郎
(1年2組)
哲学のあり方
笹下 明莉
(1年4組)
円了博士に感謝
和田 勝也
(1年6組)
井上円了の教育理念を読んで

附属牛久高等学校の部

東洋大学長賞青栁 美香
(1年C組)

哲学を日常生活に活かす

優秀賞丹羽 結菜
(1年C組)
井上円了の哲学にかける思い
渡辺 明歌音
(1年E組)
学問の原点
小野 一眞
(1年E組)
井上円了の教育理念から学ぶ未来の
自分への道のり
小沼 愛美
(1年I組)
継続は力なり

京北高等学校・京北学園白山高等学校の部

東洋大学長賞

小林 隆一
(京北高校1年G組)

井上円了先生の教育理念と
私の高校・大学生活について

優秀賞

齋藤 優紀
(京北高校1年B組)

将来の夢へと
白岩 慶喜
(京北高校1年C組)

私と井上円了の精神

金子 瑞希
(京北高校1年E組)
現代教育の牽引者、井上円了氏

富森 悠宇
(京北高校1年G組)

私が思う教育