1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 食環境科学部
  5. 11月14日(金)板倉キャンパスシンポジウム・研究成果パネル展を開催しました
MENU CLOSE

11月14日(金)板倉キャンパスシンポジウム・研究成果パネル展を開催しました

  • English
  • 日本語

2014(平成26)年11月14日(金)板倉キャンパスシンポジウム、研究成果パネル展を開催しました。

この取り組みは、本学の研究内容の紹介と産学官連携による研究の推進を目的として、学内のみならず企業・行政・地域の方向けに年間2回開催しています。

今回は、板倉キャンパスの近くに関東工場を持つイートアンド株式会社の代表取締役社長文野直樹氏をお招きし、「企業ブランディングが成長の秘訣~外食産業と家食産業のシナジー経営~」と題してご講演いただきました。生命科学部、食環境科学部の学生のほか、学外の方約400名が参加しました。

板倉キャンパスシンポジウムを聴講する学生の様子

セミナーの開催に先立ち、岡崎渉生命科学部長より開催の趣旨と文野直樹氏(写真右)のご紹介がありました。イートアンド株式会社の代表取締役社長文野直樹氏

講演では、イートアンド株式会社の特徴である外食と食料品販売の両事業について触れ、企業ブランディングの秘訣や経営者として大切にしていることをご紹介いただきました。

 企業ブランディングについて、「その会社が何をしたいかということがブランディングにつながる。ブランディングの秘訣は、3年後、5年後にもその会社がお客様に支持され、必要とされる理由を考え作ること。常に時代の先をイメージしていくことが大切」と、お話しされました。

最後に、ビジネスマンとして成長していくための3つの共通点として『気配り・好奇心・礼儀』を挙げ、「人と出会ったときにどのように感じ、次の行動に変えていくか、そして自分のモチベーションに生かしていけるかが大切。好奇心をもって、多くのことにチャレンジしてほしい」と学生へメッセージを送りました。

シンポジウムと同時開催していた研究成果パネル展では、産官学連携の橋渡しを目的として、生命科学部・食環境科学部の研究内容ならびに研究成果紹介を行いました。シンポジウムに参加した方を含む多くの方々に参加いただき、最先端の研究成果を熱心にご覧いただいていました。

研究成果パネル詳細はこちら[PDFファイル/314KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)