MENU CLOSE

平成21年度新任専任教員FD研修会

  • English
  • 日本語

平成21(2009)年6月13日(土曜日)10時00分~13時00分

概要

  • 講演「東洋大学建学の精神と教育理念」副学長・教務部長 山田利明
  • 講演「学生に対する接し方―プロフェッション論で考える」社会学部社会学科教授 中山伸樹
  • グループディスカッションとディスカッション内容の発表
  • 出席者:約80名

 平成21年度新任専任教員FD研修会

 6月13日(土曜日)10時から新任専任教員FD研修会を実施しました。
 FD推進センターでは本学における教育改善の取組みの一環として、教員のFDに関する研修会を実施し、FDに対する認識を深めると共に授業力の向上を図り、本学における継続的な教育改善への取り組みをしております。
 新任専任教員を対象にした研修会は平成19年度より実施しており、今回は3回目となります。
 本年度の研修会は、講演・グループディスカション・グループディスカッション内容の発表の3部構成で行いました。開催にあたり、はじめに学長より挨拶がありました。「FDはトップダウンで行われるものではなく、各教員が主体的に行うべきものであること」と示され、当該の研修が有意義なものとなることを期待する、と話されました。

平成21年度新任専任教員FD研修会

 1部の講演では、副学長・山田教務部長より、「井上円了と東洋大学の精神―哲学館の理念」と題し、本学の建学の精神と教育理念・目標を学びました。次に社会学部教授の中山伸樹氏より、「学生への接し方―プロフェッション論より考える―」と題し、大学教員としての社会的責務等や大学をとりまく環境について学びました。
2部のグループディスカッションでは、日頃抱えている悩み等について話し合いたいテーマごとに6名程度の小グループにわかれて議論し、改善方法や工夫例について考えました。
 3部のグループディスカッション内容の発表では、グループで共有された悩みや問題点と、それらに対する対応策や改善事例について、全体発表を行いました。

平成21年度新任専任教員FD研修会

 最後に、研修部会長より総括があり、全体にわたり活発な意見交換が行われ、研修が成功裏に終了した旨が伝えられ終了致しました。
 参加者からは、「他学部の教員と交流出来る貴重な機会であった」「同じ悩みを抱えていることがわかって勇気がわいた」などの前向きな感想が多く寄せられています。
現在webアンケートで回答を頂いている最中ですが、お寄せいただいた新任の先生方の新鮮な観点からのご意見は、来年度以降の新任専任研修会、さらにFD活動等の実質化にむけて、参考にしていきます。

Copyright © Toyo University. All Rights Reserved.