1. トップページ
  2. About Toyo University//東洋大学について
  3. 高等教育推進センター
  4. アカデミック・ハラスメント研修会 平成20年度
MENU CLOSE

アカデミック・ハラスメント研修会 平成20年度

  • English
  • 日本語

平成20年7月12日(土曜日)13時00分~15時30分

実施概要

  • 「実務、裁判からみたアカデミック・ハラスメントの現状と対策」弁護士 菅谷 貴子氏
  • 「立教大学におけるアカデミック・ハラスメント対策―その効果と問題点、そして課題」立教大学 池田 伸子氏
  • 出席者:約50名

   画像:アカデミック・ハラスメント研修会

 本学は健全な教育現場を維持するために、近年、社会問題化しているアカデミック・ハラスメントの防止を目的とし、教職員を対象に研修会を開催しました。
 研修会では、講師に弁護士の菅谷貴子氏と立教大学の人権・ハラスメント対策センター長の池田伸子氏を招きご講演を頂きました。菅谷弁護士は「実務、裁判からみたアカデミック・ハラスメントの現状と対策」と題し、アカハラの捉え方と対処法について判例も交えながら講演され、アカデミック・ハラスメントの基礎知識、防止策などについて理解する場となりました。また、池田センター長からは「立教大学におけるアカデミック・ハラスメント対策」と題し、ハラスメント対策センターの効果と問題点、そして課題について立教大学における多くの具体例とともにご講演いただき、学内の組織的な対応の必要性を学ぶ場となりました。
 アンケートからは、「具体的な事象も多く大変勉強になった」「大学にとってのハラスメントの意義・必要性が改めて分かった」「不快な思いの感じ方には個人差があること、自分勝手な憶測をしてはいけないことなど参考になった」「初めてこのテーマの研修会参加なので、大枠の考え方がわかって大変良かった」など、大変有意義であったという感想が多く寄せられました。また、「教職員全員がなるべく参加すべき内容であった」「今後もこのような研修会を開催してほしい」という声もありました。教育研究の指導においては、指導の在り方が多様であり、また指導を受ける側の個々人の感じ方や微妙なニュアンスの違いもあって判断が難しいケースもあることは事実です。引き続き、教職員・学生に対して意識改革や啓発活動を徹底して行っていく予定です。

Copyright © Toyo University. All Rights Reserved.