1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 高等教育推進センター
  4. 平成25年度 学部FD状況報告会を開催しました。
MENU CLOSE

平成25年度 学部FD状況報告会を開催しました。

  • English
  • 日本語

実施概要

日時:

平成25年12月21日(土)13:30~16:15

テーマ:

学部・学科における教育の質保証のためのPDCAの取組事例(参加者48名)

報告:

 本「報告会」は、各学部それぞれの活動状況を知ることにより、改善・改革のための知見・技能を共有することを目的とし、互いに「学びあい」、「気づきあう」ことを促す場として平成19年度より開催しております。今年度は、新たに設置した食環境科学部を含めた全11学部が報告書をまとめ、発表は2年間のサイクルで回すこととし、経済・法・国際地域・ライフデザイン・総合情報学部の発表がありました。

司会の教育改善対策部会長 千明誠 准教授 

あj

 テーマは「教育の質保証のためのPDCAの取組事例」で、冒頭、竹村牧男学長より「FD活動は組織的に取り組むことが大切であり、その重要性は年々高まってきています。また、来年度は認証評価受審の年でもあり、東洋大学の質保証の観点からも、FD活動のいっそうの充実化を図っていただきたい。」と挨拶がありました。
g 
 続いて各学部のFD活動の報告があり、学部において行われている特徴的なFD活動の報告がありました。質疑応答では、「経済学部における記名式による授業評価アンケート」「法学部における教員カルテ」「国際地域学部における父母参加公開授業」「ライフデザイン学部における学生との意見交換会」「総合情報学部における科目系統図」など、学部・学科における独自の取り組みについて活発に質問があり、情報の共有がなされました。

zzうtい

(上段左から順に、経済学部長 小川芳樹 教授、法学部長 櫻本正樹 教授、国際地域学部長 藤井敏信 教授 ライフデザイン学部長 白石弘巳 教授 総合情報学部長 杉本富利 教授)

 最後に、神田センター長より、「各学部におけるFDの取組は年々活発になってきており、非常に喜ばしいことであります。これからも、各学部の特色ある取組を支援するとともに、東洋大学全体のFD活動の活性化に取り組んでいきたい。」と総括の言葉がありました。また、学生FDスタッフ主催による「第1回 東洋 授業の声コンクール」の受賞作の紹介も行われました。

j

 今後もFD推進センターは学部・研究科のFD活動の支援をしていく所存ですので、シンポジウム等のご参加とともに、忌憚のないご意見をお寄せいただきたく、ご協力をよろしくお願い申しあげます。

Copyright © Toyo University. All Rights Reserved.