1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 経営学部
  5. 経営学部の特色ある取り組み
MENU CLOSE

経営学部の特色ある取り組み

  • English
  • 日本語

論理的思考力、戦略的思考力、判断力、分析力、独創性、
専門性、語学力、プレゼン能力、コミュニケーション能力、
などを身につけるためさまざまな取り組みを行います。

1年次の入門「基礎実習講義」

1年次の入門「基礎実習講義」

皆さんが、専門性の高い授業をとまどうことなく学習できるようになることを目的として設置しているのが「基礎実習講義」です。大学生としての基礎的なスキルを身につけたり、第1部各学科の専門領域に興味をもってもらううことで、専門科目の面白さをぐんとアップさせることがねらいです。同時に友達や仲間もできて、1年生の春からスムーズに大学生活が始められます。

資格取得を全面的にバックアップ

公認会計士、税理士、中小企業診断士、ファイナンシャルプランナー、証券アナリスト、簿記検定などの資格試験に役立つ科目を多数開講するだけでなく、資格試験対策講座を学内で開講するなど、資格取得をバックアップする体制を整えています。また「経営学部会計特別研究室」ではきめ細かなサポートを展開し、研究室の卒業生は、公認会計士および公認会計士試験合格者、税理士、大学・専門学校教員などとして社会で活躍しています。

過去3年間の合格実績(平成19年から現在まで)

  • 短答式試験合格者 8名(全員現役)
  • 論文試験(5科目一括合格者) 7名(うち現役3名)
  • 科目合格者 2名(うち現役1名)

実社会を体感する講義・実習

ビジネスゲーム(演習講義)は、2泊3日の合宿で行われるもので、学生がチームに分かれて会社をつくり、各メンバーが社長、販売部長、財務部長、人事部長などの役職を担当し、ライバル会社と経営を競い合うものです。起業の楽しさと経営の難しさ、さらには自分の強みや弱みにも気づくことができます。

また、企業調査実習では、教室では見えてこない実社会の第一線、製造の現場や特色のある商業施設などを訪問して体験学習を行います。現場を見ながらスタッフや担当者、経営者などに直接話を聞き、ナマの社会に触れていきます。

世界のビジネスシーンで活躍できる人材育成を目指して:GBCコース

企業活動が世界規模に広がる今、ビジネスパーソンに必要なのは、コミュニケーション力です。その時、強い味方となるのが、英語をはじめとした外国語を話す、書くなどのスキル。東洋大学経営学部では、単に語学を習得するだけでなく、ビジネスツールとして外国語を学ぶ、グローバル・ビジネス・コミュニケーション・コース(GBCコース)を新たに第1部全学科に設置しました。英語はもちろん、中国語、ドイツ語など、ネイティブの講師を中心に徹底した学習で、ビジネスの現場でいきる語学レベルへの到達を目指します。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)