1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 経営学部
  5. 【書籍紹介】経営学部・幸田浩文教授が中国・北京にて『日本人力资源管理理论与实践』を刊行
MENU CLOSE

【書籍紹介】経営学部・幸田浩文教授が中国・北京にて『日本人力资源管理理论与实践』を刊行

  • English
  • 日本語

【書籍紹介】経営学部・幸田浩文教授が中国・北京にて『日本人力资源管理理论与实践』を刊行

2015年3月19日、中国・北京の商务印书馆より、経営学部教授・幸田浩文著『日本人力资源管理理论与实践』が出版されました。
中国語への翻訳は、中国・山東省青島市にある青島大学商学院の徐哲根副教授が担当しました。
徐氏は、岩手大学大学院にて博士号を取得した、日本の労働実態・環境に精通した人的資源管理論研究者です。

幸田先生■書籍名:日本人力资源管理理论与实践
(日本の人材マネジメントの理論と事例)
■著者名:幸田浩文(経営学部教授)
■翻訳者名:徐哲根(中国・青島大学商学院副教授)
■A5版:389頁
■販売価格:32.00元
■発売日:2015年3月
■出版社:商务印书馆(中国・北京)


本書は、中国の大学生・大学院生ならびに中国からの留学生を対象に、日本の人的資源管理に関する理論と実例を纏めたもので、下記の序章・本章・補章からなる8つの理論編と5つの事例編で構成されています。


目 次

第1部 理論編
 序章 日本の賃金・人事処遇制度の史的展開
 第1章 働く人を活かす組織の戦略
 第2章 働く人と仕事のための組織づくり
 第3章 働く人と仕事のマッチ
 第4章 働くための条件
 第5章 快適な職場づくり
 補章1 日本のバブル経済期以降にみる女性労働者と女性管理者の就業意識と
     キャリア形成過程の変化
 補章2 近江商人にみる日本発CSR(社会的責任)経営による経営力創成
     -家訓「三方よし」概念を手がかりとして-

第2部 事例編
 〔事例1〕JR東日本株式会社における技術経営人材の採用ならびに育成過程
 〔事例2〕流通業にみる非正規従業員の人的資源管理
 〔事例3〕バブル経済期にみる賃金制度・人事処遇制度の改定
 〔事例4〕日本の外資系企業における女性の就労意識
 〔事例5〕(株)東京ドームホテルの人事制度と人材育成・教育訓練