1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 経営学部
  5. グローバル人材に必要な金融リテラシーを学ぶ―「ファイナンス特講E」の紹介
MENU CLOSE

グローバル人材に必要な金融リテラシーを学ぶ―「ファイナンス特講E」の紹介

  • English
  • 日本語

授業はPBL(プロジェクト・ベースド・ラーニング)形式 

春学期、経営学部が開講する「ファイナンス特講E」は、グローバル化時代の新しい金融の潮流である「ソーシャルファイナンス」をテーマに、プロジェクト・ベースド・ラーニングの学習形態を採用した新しい講義です。本講義では、教室で授業を受けるばかりでなく、ヒアリング調査にでかけ、調査結果を分析しながら、報告会でプレゼンテーションをおこうなど、プロジェクトを通じて、グローバル人材に必要な「0を1にする金融リテラシー」を身につけていきます。 

「ソーシャルファイナンス」とは、経済的利益と社会的利益の二つを同時に追求する金融取引をさし、一般的な経済活動では解決されない様々な社会問題を、金融取引によって解決しようとする取り組みのことです。 

経営学部所属の専任教員をコーディネーターとし、ソーシャルビジネスを行うNPOやソーシャルファイナンスを行う信用金庫の実務家を講師に迎えて、受講者はグローバル化した社会におけるソーシャルビジネスやソーシャルファイナンスについて、グループごとに設定するプロジェクトを成し遂げながら学んでいきます。受講者4~5名を一つのグループ単位として、新しいソーシャルビジネスの起業を模索するとともに、金融機関の側に立って、ソーシャルビジネスへの融資審査業務を疑似体験します。 

金融機関への就職を希望する人はもちろん、グローバル化時代に必要とされる金融リテラシーを身につけたい人はぜひ履修しましょう。

主な講義の内容(毎週金曜日5限・全15回)

「NPOのファイナンスとソーシャルインパクト」
グループアクティビティ(1):NPOへのヒアリング調査
「信用金庫とソーシャルファイナンス」
「中小企業会計とNPO法人会計」
グループアクティビティ(2):信用金庫の融資審査体験
プロジェクト報告会

履修の方法

・春学期履修登録期間中に「ファイナンス特講E」を履修登録してください。
・講義はパソコン教室でおこないます。最大60名としています。
 希望者が10名以下の場合は開講しない場合もありますのでご了承ください。
・授業は金曜日5限 3503教室で実施します(教室変更となった場合は掲示いたします)。
・本科目は、経営学部2年生以上の学生を対象としています。