MENU CLOSE

東洋大学百年史

  • English
  • 日本語

東洋大学百年史

通史編 I

「哲学」の普及を目的に1887(明治20)年に井上円了によって創設された哲学館(東洋大学の前身)が、一私立学校から専門学校令を経て、大学令による「大学」へと昇格・発展していく過程を詳述。

通史編 II

敗戦後の厳しい財政難を切り抜け、総合大学へと発展していく東洋大学。大学の「大衆化」が進み、長い期間大学紛争に苦しむ中で、大学全体の将来像を模索しつつ1987(昭和62)年に創立100周年を迎えるまでを詳述。

部局史編

新制大学として発足する1949(昭和24)年から創立100周年を迎える1987年までの各部局の歴史。各学部(教職・教養課程)、大学院、短期大学、附属図書館、附置研究所・センター、事務局、附属高等学校、校友会・父兄会について記述。

資料編 I上

創立者井上円了と哲学館が創設された1887(明治20)年9月以降、新制大学として発足する1949(昭和24)以前の東洋大学史に関する基本資料。1 学制沿革、2 組織・運営、3 財団・運営、4 財政・施設の項目に分類して収録。

資料編 I下

>I 上と同様、創立者井上円了と哲学館が創設された1887(明治20)年9月以降、新制大学として発足する1949(昭和24)以前の東洋大学史に関する基本資料を収める。5 研究・教育、6 学生関係、7 式典・式辞、8 事件、9 関連組織、10 京北諸学校の項目に分類して収録。 資料編 II上 1949(昭和24)年4月に新制大学として発足してから1987(昭和62)年に創立100周年を迎えるまでの東洋大学史に関する基本資料。1 学生沿革、2 組織・運営、3 財政・施設の項目に分類して収録。

資料編 II上

1949(昭和24)年4月に新制大学として発足してから1987(昭和62)年に創立100周年を迎えるまでの東洋大学史に関する基本資料。1 学生沿革、2 組織・運営、3 財政・施設の項目に分類して収録。

資料編 II下

II上と同様、1949(昭和24)年4月に新制大学として発足してから1987(昭和62)年に創立100周年を迎えるまでの東洋大学史に関する基本資料を収める。4 研究・教育、5 学生関係、6式典・記念事業、7 紛争、8 校友会・父兄会の項目に分類して収録。

年表・索引編

創立者井上円了が誕生(1858年)してから創立100周年を迎える1987年までの詳細な年表と、『東洋大学百年史』(全6巻8冊)および『図録 東洋大学100年』を対象とした「人名索引」「事項索引」を収める。