MENU CLOSE

About Us//センター概要

  • English
  • 日本語

Picture in front of the center

Outline of the Center

The Inoue Enryo Research Center conducts activities to present Characteristics of Toyo University, both domestically and internationally as well as contribute to the improvement of Japanese culture by proceeding with studies on the history of the University, the founding spirit of Dr. Enryo Inoue, a founder of the University and his educational philosophy, thought and achievements.

Since its change of status in 2014 from a corporate research institute, established in 1990, to an educational organization, it has continued the predecessor’s works including researching, collecting, sorting-out, archiving and publishing the related materials, and it has now expanded its projects aiming to promote Enryo studies on international stages, has translated his literary works into English, organized conferences by establishing the Inoue Enryo International Society within the Center.

It also organizes open symposiums (held in 2015 under the theme of “Living the philosophy of Inoue Enryo”), holds regular open study meetings, and publishes research achievements including “Inoue Enryo Center Annual Report” and “Inoue Enryo International Studies” at home and abroad.

The Center also carries out events for students and class supports.

Organization

Director of the Center

  • Takayuki Shibata (Faculty of Sociology Department of Sociocultural Studies Professor)

Research Fellow

  • Makio Takemura (Graduate School of Letters, Course of Indian Philosophy and Buddhist Studies Professor)
  • Tsutomu Sagara  (Faculty of Letters, Department of Philosophy Professor)
  • Shogo Watanabe (Faculty of Letters, Department of Eastern Philosophy and Culture Professor)
  • Shogo Iwai (Faculty of Letters, Department of Eastern Philosophy and Culture Associate Professor)
  • Takehiko Yasuda (Faculty of Economics, Department of Economics Professor)
  • Hajime Imamura (Faculty of Economics, Department of Policy Studies Professor)
  • Hiroshi Saito (Faculty of Law, Department of Business Law Professor)
  • Masaki Sakuramoto (Faculty of Law, Department of Business Law Professor)
  • Koichi Asakura (Faculty of Law, Department of Law Professor)
  • Takayuki Shibata (Faculty of Sociology, Department of Sociocultural Studies Professor)
  • Setsuo Miura (Faculty of Human Life Design, Department of Human Environment Design Professor)
  • Yoshikazu Yoshida (Faculty of Science and Engineering, Department of Biomedical Engineering Professor)
  • Takashi Shimizu  (Faculty of Information Sciences and Arts, Department of Information Sciences and Arts Associate Professor) 
  • Hirokazu Okuma (Faculty of Food and Nutritional Sciences, Department of Food and Life Sciences Professor)

Visiting Research Fellow

  • Rainer Schulzer
  • Atsushi Sato (Senshu University specially-appointed professor)
  • Retsu Koda 
  • Takanori Ideno (Japan Women's University Lecturer(part-time)).
  • Masato Shirai (Rissho University Lecturer(part-time))
  • Hiroshi Torihama

Research Associate

  • Daisuke Iseki (Faculty of Information Sciences and Arts Lecturer(part-time))

Contact

Inoue Enryo Research Center

〒 112-8606
5-28-20 Hakusan, Bunkyo-ku, Tokyo
Toyo University Hakusan Campus  The 2th floor of Building No.8

Tel: 03-3945-7556
E-Mail: ml-enryo(at)toyo.jp
*Please replace "(at)" with "@" when you send an email

Administrative Offices: Research Promotion Office Research Promotion Section

Toyo University Hakusan Campus The 7th floor of Building No.8

Tel:  03-3945-7213
Fax: 03-3945-7906

センター概要

井上円了研究センターは、創立者井上円了博士の建学の精神、教育理念、思想及び事績の研究ならびに東洋大学史等に関する研究を推進し、それらの普及を図ることにより、学校法人東洋大学が設置した学校の教育及び研究の向上に寄与し、哲学館以来の東洋大学の特性を内外に示し、その歴史と伝統を継承し発展させて、世界及び日本の文化の向上に貢献することを目的として、さまざまな研究と事業を展開しています。

沿革

井上円了研究センターは、その前身である井上円了記念学術センターの改組により、平成26年(2014年)5月に設立されました。

井上円了記念学術センターは、平成2(1990)年4月に法人立の研究機関として創設され、東洋大学の創立者・井上円了や東洋大学の歴史などの研究を進め、研究会の開催、機関誌の発行、講演会の開催、記念祭の挙行、写真展などを行っておりましたが、井上円了の研究をより深く進めるため、教学組織として改組されました。
その目的は現在の井上円了研究センターに引き継がれています。

組織

センター長

  • 柴田 隆行(社会学部 社会文化システム学科 教授)

研究員

客員研究員

研究助手

  • 井関 大介(総合情報学部 非常勤講師)

 

研究員について


東洋大学井上円了研究センター規程に基づき、当センターは下記研究員で構成されております。
研究員の応募は、上期(4月1日付)、下期(10月1日付)の年2回となっております。

  1. 研究員 対象:本学専任教員。任期は2年とする。ただし、再任は妨げない。
  2. 客員研究員 対象:優れた業績をもつ学外の研究者。任期は2年とする。ただし、再任は妨げない。
  3. 奨励研究員 対象:本学の大学院修了者(博士の学位を取得した者)又は大学院単位取得退学3年以内に博士の学位を取得する見込のある者でセンター長が適切であると認めた者。任期は2年とする。ただし、再任は1回とする。
  4. 院生研究員 対象:本学の大学院研究科博士後期課程に在学する学生でセンター長が適切であると認めた者。


研究員登録:提出書類

  1. 研究員応募用紙
  2. 本学専任教員以外:履歴書および業績書

※客員研究員および奨励研究員の方で任期を更新される場合も改めて提出が必要です。


書式はこちら

研究員(専任)応募用紙 [Wordファイル/173KB]
客員研究員応募用紙 [Wordファイル/187KB]
奨励研究員応募用紙 [Wordファイル/196KB]
院生研究員応募用紙 [Wordファイル/33KB]
履歴書・業績書書式 [Excelファイル/37KB]


書類提出締切(2017年度下期)10月1日付
平成29年9月11日(月)必着

 

提出先
〒112-8606 東京都文京区白山5-28-20
東洋大学井上円了研究センター事務局(研究推進部研究推進課) TEL03-3945-7213

 

お問い合わせ

井上円了研究センター

〒112-8606 
東京都文京区白山5-28-20 
東洋大学白山キャンパス 8号館2階

Tel:03-3945-7556 
E-Mail:ml-enryo(at)toyo.jp

※メールを送る際には(at)を@に置き換えて下さい

事務局:研究推進部研究推進課

東洋大学白山キャンパス 8号館7階

Tel:03-3945-7213
Fax:03-3945-7906