MENU CLOSE

井上円了の書 No.421-06

  • English
  • 日本語
円了の書421-06揮毫年大正2(1913)年
年次印大正二年歳在癸丑
形態屏風(六曲一双)
紙サイズ
(たてxよこ(cm))
134.2×51.6
落款圓了道人
所蔵東洋大学井上円了研究センター
翻字雪嶂林巒到處堆 出渓去又入渓來 山邨春色堪吟賞 青麦田間挾白梅 六 圓了道人
書き下し文雪嶂林巒到る処堆(ウヅタカ)し 渓を出でて去り又渓に入りて来たる 山邨の春色は吟賞するに堪え 青麦の田間に白梅を挟む 六 円了道人
出典ほか-
備考-

前の画像 次の画像