MENU CLOSE

井上円了の書 No.342

  • English
  • 日本語
円了の書342揮毫年

大正7(1918)年

年次印

大正七年歳在戊午

形態

紙サイズ(たてxよこ(cm))

131.8×49.5

落款

圓了道人

所蔵東洋大学井上円了研究センター
翻字

達磨別傳法 無字又無言 観月宜忘指 入堂何問門 佛教諸宗之三 圓了道人

書き下し文

達磨は別に法を伝え 無字又た無言なり 月を観て宜しく指を忘るべく 堂に入りて何ぞ門を問わん 仏教諸宗の三 円了道人

出典ほか

-

備考-

前の画像 次の画像