MENU CLOSE

井上円了の書 No.304

  • English
  • 日本語
円了の書304揮毫年

明治44(1911)年

年次印

明治四十四歳在辛亥

形態

紙サイズ(たてxよこ(cm))

151.7×66.5

落款

圓了道人

所蔵東洋大学井上円了研究センター
翻字

出沒隧門知幾回 路過太甲望初開 未春天氣已清朗 風自臺南送暖来 為枝大兄録臺中客中作 圓了道人

書き下し文

隧門を出没すること幾回かを知る 路は太甲を過ぎ初めて開くを望む 未だ春ならざるに天気已に清朗なり 風は台南よりして暖を送り来たる 枝大兄の為に台中客中の作を録す 円了道人

出典ほか

-

備考-

前の画像 次の画像