MENU CLOSE

井上円了の書 No.213

  • English
  • 日本語
円了の書213揮毫年

明治34(1901)年

年次印

明治三十四歳在辛丑

形態

紙サイズ(たてxよこ(cm))

131.8×62.5

落款

井上圓了書

所蔵東洋大学井上円了研究センター
翻字

雖一世勤苦須臾之間後生無量壽佛國快楽無極 為稲垣君 井上圓了書

書き下し文

一世勤苦と雖も 須臾(シュユ)の間にして 後に無量寿仏の国に生まれて 快楽は極まり無し 稲垣君の為に 井上円了書す

出典ほか

-

備考-

前の画像 次の画像