1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 井上円了研究センター
  4. 井上円了研究センター海外研究集会「日本の近代化と哲学の課題―現代に活かす―」
MENU CLOSE

井上円了研究センター海外研究集会「日本の近代化と哲学の課題―現代に活かす―」

  • English
  • 日本語

国際シンポジウム「日本の近代化と哲学の課題―現代に活かす―」開催


井上円了研究センターとイタリアのヴェネツィア・カ・フォスカリ大学アジア・北アフリカ研究所との共催により、国際シンポジウム「日本の近代化と哲学の課題―現代に活かす―」を開催します。

日程

 2015年11月26・27日

会場

 ヴェネツィア・カ・フォスカリ大学 カ・ドルフィン講堂

 

プログラム

<26日>

研究交流会 10時00分‐12時00分

  キアーラ・ガッレーゼ 「日本法の近代化―1889年の法例について―」

  アンドレア・レヴェラント 「近代性の代償―日本の農政・財政政策について(1868~1945年)―」

  櫻本正樹 「最近の日本における消費者破産の現状について」

公開講演 14時00分‐17時00分

  竹村牧男 「井上円了の教育理念」

  齋藤洋 「日本の近代化と嘉納治五郎の思想―井上円了との差異について―」

<27日>

研究交流会 10時00分‐13時00分

  パトリック・ハインリッヒ 「国語改革と今日におけるその遺産」

  清水高志 「純粋経験論が目指したもの―西田幾多郎、円了、ジェイムズ―」

  ライナ・シュルツァ 「井上円了による政治的要請としての宗教」 

総括討論

※研究交流会および公開講演は英語で行われます

 

国際シンポジウム「日本の近代化と哲学の課題―現代に活かす―」ポスター [PDFファイル/394KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)