1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 井上円了研究センター
  4. 3月21日(土・祝)井上円了研究センター新設記念シンポジウム「井上円了の妖怪学と現代」を開催しました
MENU CLOSE

3月21日(土・祝)井上円了研究センター新設記念シンポジウム「井上円了の妖怪学と現代」を開催しました

  • English
  • 日本語

井上円了研究センター新設記念シンポジウム「井上円了の妖怪学と現代」開催報告

3月21日(土・祝)に、東洋大学白山キャンパス125記念ホールにて、井上円了研究センター新設記念シンポジウム「井上円了の妖怪学と現代」を開催いたしました。

当日は、テーマに関心をお持ちの一般の方々を多数含む約80名を超える来場者を数え、盛況なシンポジウムとなりました。

会場では井上円了研究センター及び井上円了記念博物館所蔵の井上円了が収集した書画や、井上円了の著作「妖怪学講義」の原本等が展示され、熱心にご覧になる多くの来場者の姿が見られました。

シンポジウムでは、会場からも複数の質問があり、盛んな意見交換が行われました。

来場者多数 展示

開催概要

  • 開催日:2015年3月21日(土・祝)
  • 時間:13時~17時
  • 会場:東洋大学白山キャンパス 8号館7階 125記念ホール
  • 備考:参加自由・事前申し込み不要・定員100名

プログラム

開会のことば

  • 開会のことば 東洋大学学長 竹村 牧男(元 井上円了記念学術センター長)

講演

  1. 「井上円了の妖怪学入門」 三浦 節夫(国際井上円了学会会長・東洋大学ライフデザイン学部教授)
  2. 「哲学からみた妖怪学」 柴田 隆行(井上円了研究センター長・東洋大学社会学部教授)
  3. 記念講演 「妖怪と人とのインターフェイス」 石塚 正英(NPO法人頸城野郷土資料室理事長・東京電機大学理工学部教授)

「開会のことば」学長竹村牧男「井上円了の妖怪学入門」三浦節夫「哲学からみた妖怪学」柴田隆行「妖怪と人とのインターフェイス」石塚正英

シンポジウム

  • パネリスト:高橋 郁丸(新潟妖怪研究所長)、島田 茂樹(東洋大学文学部非常勤講師)
  • 討論参加:石塚 正英、三浦 節夫(司会)

シンポジウムシンポジウム質問

パネリストによる講演
  • 「妖怪は文化だ!!--新潟の妖怪文化を記録する」高橋 郁丸
  • 「井上円了の<妖怪学>と現代--悦ばしき学問への誘い」島田 茂樹

「妖怪は文化だ!!」高橋郁丸「井上円了の<妖怪学>と現代」島田茂樹

配布資料

 

井上円了研究センター

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)