1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 文学部インド哲学科(イブニングコース)

Faculty of Letters Department of Indian Philosophy (Evening Course)//文学部インド哲学科(イブニングコース)

  • English
  • 日本語

※インド哲学科と中国哲学文学科は平成25年4月1日より「東洋思想文化学科」として統合再編されました。

詳細はこちらをご覧下さい

教育目標

インドの哲学・宗教と、それを土壌として生まれ、その後アジア全域に広がった文化的総体としての仏教について学ぶことにより、柔軟な思考を身につけ、現代社会を切り開く人材を育成します。

概要

インド哲学科では、3000年の歴史を超えて現代に至るインドの思想・文化とともに、インドで生まれ世界各地に展開した仏教について学びます。本学科では、この広範な領域をカヴァーするため、多彩な科目を用意していますので、一つの事柄についても、さまざまな角度からのアプローチが可能ですし、主体的に取り組むことで、理解をとことん深めることもできます。例えば、サンスクリット語の文献を原書で学ぶことによって、言語だけでなく、そこに反映されているインド人の価値観や思想に対する認識も深めることができます。また、実技講義科目でヨーガやインド舞踊、坐禅や写経などを実際に体験したり、身近な仏教史跡を訪れたりすることで、それらに特有の価値観を身をもって体感することができます。

イブニングコースの特色

イブニングコースでは、精選したスリムなカリキュラムによって、インドの思想・文化などについて、効率的に体系的な知識を身につけることができます。主体的に学ぼうとする傾向の強いイブニングコースの学生のニーズに合わせて、昼間部にはない実技講義科目を新たに設ける一方で、語学の負担を大幅に軽減するとともに、2・3年次のゼミ(演習)や卒業論文を選択制とするなど、学びやすい環境を整えています。また社会人学生との世代を超えた幅広い交流ができるのも大きな特色です。