MENU CLOSE

東洋大学における障がい学生支援の基本方針

  • English
  • 日本語

東洋大学における障がい学生支援の基本方針

                                   平成29年4月1日
東洋大学

東洋大学は、平成25年4月1日に障がいのある学生を支援する全学的組織として「障がい学生支援委員会」を設置し、修学環境の改善(バリアフリー化)を図るとともに授業参加を中心に大学生活の支援を行っています。

この修学環境の整備と支援の実施に当たり、平成28年4月1日施行の「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(平成25年法律第65号)第11条第1項に基づき定めた「文部科学省所管事業における障害を理由とする差別の解消の促進に関する対応指針」(平成27年文部科学省告示第180号)に則り、以下の基本方針を定め、具体的な支援内容・方法に関するガイドラインを作成し、障がいのある学生への支援に努めます。

1.修学機会の確保と支援内容・方法の充実
障がいのある学生が他の学生と同等の教育を受けることができるように修学機会の確保と支援内容・方法の充実に努めます。

2.修学環境(施設・設備等)の整備
障がいのある学生が安全かつ円滑に本学での教育活動に参加できるよう、障がいのある学生一人ひとりの声を積極的に聴き取り、修学環境の整備に努めます。

3.修学に関する情報の公開
在籍する学生および本学への入学希望者に対して、本学の受入れならびにこの基本方針に則り、支援体制、施設設備のバリアフリー状況、支援内容に関する情報の公開に努めます。

4.修学上の支援内容・方法の決定
学生本人または保護者からの支援要請に基づき、学修支援の内容・方法の検討を開始します。学生本人の要望を充分に聞き、他の学生と同等に授業等の教育活動に参加できるように、学生本人と本学関係者の共通理解・合意の上で支援内容を決定します。また、必要に応じて、両者の合意の下で支援内容を見直します。

5.支援体制
教職員との支援方法に関する相談、支援機器の貸し出し、ボランティア・スタッフの配置等を行う専門部署を設置し、障がいのある学生の学修支援の充実に努めます。

6.教育方法等
大学生活に関する情報保障や授業中のコミュニケーション上の配慮等を通して授業等への参加を支援し、試験においては必要かつ合理的な配慮を行い、成績評価については公平性を損なうことのないよう留意します。

7.障がいへの理解促進
他の学生や教職員がさまざまな障がいへの理解を深め、より適切な対応ができるように研修会やパンフレット等を通して、障がいと支援に関する理解の促進に努めます。