1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 経済学部
  5. 【全学部対象】経済学部英語特別講義の開催
MENU CLOSE

【全学部対象】経済学部英語特別講義の開催

  • English
  • 日本語

<全学部対象 経済学部英語特別講義>

 秋学期、再び英語の勉強をすすめていく学生のみなさんにとって、英語の意義、またこれからの人生を考えていく上での、きっかけ・刺激となるよう、下記の英語特別講義を開催します。ぜひ聴講してください!

日時:2013年10月5日(土)4限 14:40~16:10  

会場:6211教室(6号館2階)

(テーマ)
「失敗はチャンス! ~今までの物差しでは測れない時代をどう生きるか~」

齋藤ウィリアム浩幸 氏          
株式会社 インテカー創業者兼最高経営責任者

齋藤ウィリアム浩幸 氏の画像

(講師プロフィール)
 1971年アメリカ生まれの日系2世。起業家及びベンチャーキャピタリスト。
暗号、生体認証技術の専門家。10代でコンピューターの仕事をスタートさせ、1991年UCLA医学部在学中にカリフォルニア州でI /O Software, Inc.を設立。
世界最先端のセキュリティー技術の提供を目指した同社は、160社以上の企業とライセンス契約を締結するに至った。2004年同社をマイクロソフト社に売却した後、東京に拠点を移し、コンサルティング会社インテカーを設立。イノベーションのビジネス化や起業プロセスで生じる多様な課題にアドバイスし、時には資本援助も行っている。世界各地で開かれる起業家コンテストの審査員を務め、ダボス会議ではボードメンバーとして、日本の識者達を同会議に広く導く。2012年、国内では、国家戦略会議の委員や国会事故調の最高技術責任者、またQFF(カタールフレンド基金)諮問委員として被災地復興の支援も行う。官民学の壁を越えたグローバルな活動は、その実績と共に各界の反響を呼んでおり、日本がグローバルに発展するためのご意見番としてマスコミからも注目を集めている。2012年10月号日経ビジネス「次世代を創る100人」に選出。日本語の著書に「ザ・チーム--日本の一番大きな問題を解く」がある。