1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 経済学部
  5. 国際経済学科でケント アイリング カルダー顧問による特別講義を開催しました
MENU CLOSE

国際経済学科でケント アイリング カルダー顧問による特別講義を開催しました

  • English
  • 日本語

写真2016年6月7日(火)14時45分から、白山キャンパス(5404教室)において学校法人東洋大学顧問(学術研究)でありジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)エドウィン・O・ライシャワー東アジア研究所所長のケント・E・カルダー教授をお招きし、“Emergence of the New Continentalism: Prospects for the China-Europe Relationship And Global Implications”と題した「特別講義」を、国際経済学科の郝ゼミ・棟近ゼミの学生、大学院経済学研究科の大学院生(計75名)を対象に開催しました。

特別講義は福川伸次理事長による歓迎の辞にはじまり、カルダー教授は「新大陸主義」を中心として、中国―ヨーロッパの関係の緊密化、エネルギー問題、中国の「一帯一路」構想について45分にわたって講義をしてくださいました。後半の英語による質疑応答(45分間)のセッションでは、テーマを3つ((1)中国、(2)エネルギー、(3)外交)に分類し、多くの学生から質問が続きました。カルダー先生は1人1人の学生の質問にご自身の見解を惜しむことなく丁寧に披露してくださいました。多くの学生が積極的に質問しましたが、時間の関係で準備したにもかかわらず質問出来なかった学生達も特別講義終了後にカルダー教授との記念撮影の機会に恵まれ、緊張の中にも充実感に満たされた表情の学生達の姿が印象に残る特別講義でした。

写真写真

ケント アイリング カルダー顧問

国際経済学科

Copyright © Toyo University. All Rights Reserved.