1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 社会学部社会福祉学科
  5. 社会福祉学科教員紹介(志村 健一)
MENU CLOSE

社会福祉学科教員紹介(志村 健一)

  • English
  • 日本語

氏名志村 健一
 志村 健一
  Kenichi Shimura

教授
shimura@toyo.jp

研究室

白山校舎 : 20624室(2号館6階)  03-3945-8252

専門領域・研究テーマ

  • ソーシャルワーク
  • 社会調査方法論(特にグラウンデッド・セオリー)
  • 知的障がいのある人たちの社会参加

主な著書・論文

著書

<単著>

  • 『ソーシャルワーク・リサーチの方法』(相川書房、2004年)

<共編著>

  • 『グラウンデッド・セオリー バーニー・グレーザーの哲学・方法・実践』(ミネルヴァ書房、2017年)
  • 『障害のある人の支援と社会福祉:障害者福祉入門』(ミネルヴァ書房、2008年)
  • 『事例研究・教育法』(川島書店、2004年)

<共著>

  • 『つながり、支え合う福祉社会の仕組みづくり』(中央法規、2018)
  • 『ソーシャルワーク・スーパービジョン論』(中央法規、2015年)
  • 『ソーシャルワークの研究方法』(相川書房、2010年)
  • 『社会福祉の支援活動:ソーシャルワーク入門』(ミネルヴァ書房、2008年)

論文

  • 「知的障害のある人たちとのフレンドシップ : ユニファイドスポーツを通じた取り組み (特集 ともに生き認め合う社会 : 障害者差別解消法を活かそう)」(『月刊福祉』 99(13) 25-31、2016年12月)
  • 「ソーシャルワーク教育のグローバルスタンダード (特集 世界に通じる医療者教育)」(『保健の科学』58(5) 322-328、2016年5月)
  • 「知的障がい者の意思決定支援とソーシャルワーク (特集 日本のソーシャルワーク再考 : 原点回帰の必要性を問う)」(『ソーシャルワーク研究』40(1) 46-55、2014年)
  • 「ソーシャルワーク実践としてのリサーチ(調査)の位置づけと体系的整理」『ソーシャルワーク研究』Vol.35. No.4(相川書房、2010年)
  • 「主体形成支援とグループワーク―インターグループ・カウンシルを媒介としたスペシャルオリンピックス冬季世界大会日本選手団を手がかりに―」『ソーシャルワーク研究』Vol.36. No.1(相川書房、2010年)

所属学会

  • 日本社会福祉学会
  • 日本ソーシャルワーク学会
  • 日本キリスト教福祉学会

学生の皆さんへ

「門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。」(マタイ7:7)
学生時代の積極的な行動は未来への扉につながっています。勇気をもって踏み出してください。