1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 社会学部社会福祉学科
  5. 社会福祉学科教員紹介(森田 明美)
MENU CLOSE

社会福祉学科教員紹介(森田 明美)

  • English
  • 日本語

氏名森田 明美
 森田 明美
  Akemi Morita

教授
morita@toyo.jp

研究室

白山校舎 : 20608室(2号館6階)  03-3945-7481

専門領域・研究テーマ

児童福祉学
日米の共働き・シングルマザー・シングルファーザー、10代の母親など子育て家庭の実態と、保育所・幼稚園,児童館・放課後児童クラブなどによる子育て支援に関する実証的研究を行ってきました。
茨城県土浦市、千葉県市川市・八千代市・船橋市、埼玉県、埼玉県朝霞市・旧都幾川村・富士見市、飯能市、東京都、東京都国立市・西東京市・町田市、世田谷区のエンゼルプランや子ども計画、次世代育成支援地域行動計画の調査・計画策定・評価に関わる。東京都や世田谷区で児童福祉施設の第三者評価の仕組みづくりに関り、地域や家庭で子どもが育つことを支える保育を中心とした仕組みを子どもの権利の視点からどのように作りだすかということを研究の中心にしています。また子どもの権利を推進するための実験的開発や実践の推進のために、院生や卒業生たちや国内外の研究者とNPOこども福祉研究所や、国連NGO子どもの権利条約総合研究所を通じて活動しています。

主な著書・論文

著作

  • 共編著『日米のシングルマザーたち』(1997年ミネルヴァ書房)
  • 編著『幼稚園が変わる保育所が変わる―地域で育てる保育一元化―』(2000年明石書店)
  • 共編著『日米のシングルファーザーたち』(2001年11月ミネルヴァ書房)
  • 共著『家族革命』(2004年弘文堂) ・共編著『子どもに優しいまちづくり』(2004年日本評論者)『日米の働く母親たち』(1991ミネルヴァ書房)
  • 共著『日本人と少子化』(2004年人間の科学社)
  • 教育基本法改正の動向:日本教育法学会年俸 第35号2006年3月有斐閣
  • 共著『NEW現代保育学入門』(2007年フレーベル館)
  • 編著『シングルマザーの暮らしと福祉政策―日本・アメリカ・デンマーク・韓国の比較調査』(2009年4月ミネルヴァ書房)
  • 編著『子どもの権利-日韓共同研究』(2009年8月日本評論社)
  • 編著『逐条解説 子どもの権利条約』(2009年8月日本評論社)
  • 編著『よくわかる女性と福祉』(2011年4月ミネルヴァ書房)

論文

  • 「子育て支援の具体策‐幼保一元化の意義と実現に向けての課題」 2004年7月全国市長会 『市政Vol. 53』 p24-32
  • 「権利としての幼保一元化」『子どもの権利研究第7号』日本評論社 p16-21、2005年7月
  • 「地域子どもの育ち・子育て支援に向けた児童館・学校保育再編成の必要性」 『都児連だより』 第22巻4号p.2-8、2006年1月
  • 「子ども・子育て家庭と「自立」支援」 『日本社会福祉学会『社会福祉学』Vol.47-10 No.77』 p.96-99, 2006年5月
  • 「海外の若い親たちの現状と支援の課題―アメリカ・韓国のシングルマザー支援をてがかりにして」 資生堂社会福祉事業財団『世界の児童と母性』 61号p.54-57、2006年10月
  •  「子どもの権利保障の観点から見た補遺政策の現状と課題 ― 「認定こども園」制度の創設とその影響」『2006秋:韓国子どもの権利学会』韓国子どもの権利学会(韓国語)p.63-70、2006年11月
  • 「日本における福祉分野における条約の実施」(子どもの権利条約採択20周年アジア大会報告集:英語・ハングル)、2009年11月
  • 「母子家庭の地域生活移行を支える母子生活支援施設支援を考える-母子家庭地域調査を手がかりにして」東京都社会福祉協議会『母子福祉部会紀要NO3(平成)21年度』2010年6月
  • 「子ども計画の総合化をとらえる視点」子どもの権利条約総合研究所編『子どもの権利ハンドブック』
    (2010年2月、日本評論社)

所属学会