1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 社会学部社会福祉学科
  5. 社会福祉学科川原ゼミが富坂地区「みまもりサポーターと利用者、学生の交流会」を開催
MENU CLOSE

社会福祉学科川原ゼミが富坂地区「みまもりサポーターと利用者、学生の交流会」を開催

  • English
  • 日本語

10月17日〔月〕8号館地下学生食堂にて開催

司会の学生この交流会は、文京区富坂地区の「みまもり訪問事業」※制度を利用している高齢者とサポーターの方を大学に招き、楽しいひと時を過ごしてもらう企画で、川原ゼミの学生が中心となって実施しました。
当日は、あいにくの雨にもかかわらず、予定していた5名の利用者は全員参加。会をとても楽しみにしていたと言います。自己紹介に始まり、利用者とサポーター、学生が混成チームを作って、学食体験やクイズなどをして親交を深めました。
クイズは「文京区にまつわるクイズ」で、幅広い世代が一丸となって答えるなど、開始直後は堅かった参加者たちの表情も少しずつなごやかになり、会話もはずんでいました。学生にとっては活きた経験として、利用者やサポーターの皆さんにとっては、若い世代と交流する楽しい機会となりました。

❑利用者の声「とても楽しかったです。カレーを食べましたが、一人暮らしではなかなか作らないので嬉しかったです。また、ぜひ開催してほしい」
❑学生の声「みなさんが楽しそうにしてくれたので、自分たちも楽しくなり、元気をもらいました。クイズでは教わることが多くためになりました。この企画は続けていくことに意義があるので、ぜひ後輩に受け継いでいきたい」

<参加者>
利用者:5名、サポーター:6名、文京区社会福祉協議会:2名、東洋大学学生11名

なごやかな雰囲気の会

※「みまもり訪問事業」とは、一人暮らし等の高齢者の自宅を、文京区社会福祉協議会に登録しているボランティア「みまもりサポーター」が月2回程度訪問し、声かけをすることなどで見守る事業です。

■関連リンク
川原恵子講師(東洋大学研究者情報データベース)
文京区みまもり訪問事業