1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 社会学部社会福祉学科

Faculty of SociologyDepartment of Social Welfare//社会学部社会福祉学科

  • English
  • 日本語

 

教育目標

一人ひとりの利用者の側に立ち、その生活環境とニーズを把握し、地域や施設における生活支援を調整・開発していく力量を持ち、さらに福祉環境の特性を把握しながら、公私の連携や住民参加を促進させていく「福祉力」の形成を担っていく人材を養成します。

概要

実習と演習を重視した教育により、福祉の現場をリードできる学生の育成に力を入れています。それを支えるのが、1年次から4年次までの一貫したゼミナールと社会調査実習などの実務面を考慮したカリキュラムです。福祉についての広い視野を持ち、理論・実践の両面から、福祉について広い視野から学ぶことが可能です。

カリキュラムは実習や演習が豊富で、現場での実践力が身に付きます。同時に、学生一人ひとりの興味関心に合わせて、制度や政策、ソーシャルワークなどの援助方法を学んでいきます。3年次の社会福祉現場実習は、実際に児童、障害児者、高齢者などの施設や福祉事務所などで行います。さまざまな体験を通して福祉の実際に触れ、福祉に関する意識が一層高まり、学習や研究への取り組みが意欲的になってきます。

特色

一定の条件を満たして指定の科目の単位を修得することで、卒業と同時に社会福祉士国家試験の受験資格が得られます。

国家試験の受験対策をサポートするために、教員はもとより、ティーチング・アシスタントを配置して、あたたかい心で便宜をはかっています。さらに、サポート体制を強化するために、所属教員が全員で協力し、科目内容の徹底的理解を支援しています。