1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 社会学部社会心理学科
  5. 社会心理学科教員紹介(戸梶 亜紀彦)
MENU CLOSE

社会心理学科教員紹介(戸梶 亜紀彦)

  • English
  • 日本語

氏名
 戸梶 亜紀彦
  Akihiko Tokaji

専門分野・研究テーマ

心理学の分野としては,主に感情心理学,社会心理学,産業・組織心理学です。その中でも,感動のメカニズムとその効果,動機づけ,観光心理学,地域・組織の活性化などに関連する事項をテーマとしています。

代表的な著書

『発達研究の技法(シリーズ・心理学の技法)』(福村出版:分担執筆)
研究において統計を用いる際に必要となることとして,データ収集での諸注意点,データ分析と結果の記述,分析結果の解釈の方法について論じ,さらに事例研究やフィールド研究から得られたデータによる非統計学的な推論の活用など,多岐にわたって論じています。

『心の科学』(北大路書房:分担執筆)
欲求階層説、情動の理論、情動の中枢と自己刺激行動の3項目に関して,代表的な知見を図表も十分に用いながら紹介し,人間の情動・動機づけに関する特徴を平易に解説しました。

自己紹介

人間に興味があって,心理学,教育学,医学のどれに進もうかを考えましたが,“血”が苦手なことと,人の営み全般に関心があったことから心理学を専攻しました。心理学の研究者としては,人間の内面に注意が向きがちですが,夏は海,冬はスキーと,かなりのアウトドア派です。でも,実際にはスポーツほど人間の微妙な心理的作用が行動に影響するものはないと思っています。人の営みすべてに,いろいろな心理的作用が隠されているので,それらを解明し,さらにそれらをマネジメントしていく方法を見出すことができればと考えています。

授業の紹介

「社会調査および実習」
日常生活における人々の意識や行動の中から,興味・関心のあるテーマに基づいて問題を抽出・設定し,適切な調査方法と分析を用いて,その問題の一端を明らかにします。

「社会適応の心理学」
対人関係に関わるさまざまな事柄について,社会心理学の知見を紹介し,社会での適応に必要な知識とスキルについて学習します。