MENU CLOSE

社会学科教員紹介(荒又 美陽)

  • English
  • 日本語

氏名荒又美陽
 荒又美陽
  Aramata Miyo 

准教授・博士(社会学)

E-mail: aramata@toyo.jp

研究室/オフィスアワー

白山校舎:社会学部第72研究室(2号館7階)/月曜日2限、金曜日3限

専門分野・研究テーマ

  • 人文地理学 
  • フランス社会論
  • 都市計画事業

主な著書・論文

  • 『パリ神話と都市景観―マレ保全地区における浄化と排除の論理』(明石書店、2011年、単著)
  • 『世界と日本の移民エスニック集団とホスト社会~日本社会の多文化化に向けたエスニック・コンフリクト研究』(明石書店、2016年、共著)
  • 『現代フランス社会を知るための62章』(明石書店、2010年、共著)
  • 『移民の社会的統合と排除―問われるフランス的平等』(東京大学出版会、2009年、共著)
  • 「日本の地理学は『銃・病原菌・鉄』をいかに語るのか」(E-journal GEO、2012年、7‐2、225-249、共著)
  • 「ルーヴルのピラミッド論争にみる現代フランスの景観理念」(『地理学評論』、2003年、76‐6、435-449、単著)

所属学会

  • 日本地理学会
  • 人文地理学会
  • 日本都市地理学会
  • 日本都市社会学会
  • 観光学術学会  など

学外活動

多摩ニュータウン学会 筆頭理事

自己紹介

地理学は皆さんが思っているよりずっと広く、ずっと豊かな学問分野です。地図嫌いでも、方向音痴でも、とりあえず見に来てください。きっと身近で楽しいテーマが見つかると思います。