MENU CLOSE

留学システムについて

  • English
  • 日本語

在学中に留学してみたい!

留学

在学中に留学することも可能です。これまで先輩たちは、東洋大学の交換留学制度を利用して、中国やフランス、ドイツなどに留学してきました。社会文化システム学科は、社会学部のなかでももっとも海外に近い学科です。先生の多くは外国の大学で学んだことがあり、海外留学に関する皆さんの相談に親切かつ具体的に応えてくれるでしょう。

留学・海外便り

世界を歩く・学ぶ・識る

海外留学をめざす人のために
―― 先輩と先生からの海外便り

社会文化システム学科のひとつの特徴は、多くの学生が積極的に海外に出かけ、自らの体験を通じて異文化を学び、理解しようとしていることです。学生は毎年、ツアーに頼らず、自分で計画をたてて海外に飛び出していきます。帰国後かれらは、以前とちょっと違う成長した姿をみせてくれます。海外旅行はもちろん、海外留学に挑戦する学生も少なくありません。これまで多くの学生が、中国やフランス、ドイツ、カナダなど、さまざまな国に留学してきました。東洋大学の交換留学制度を利用する場合もあれば、他の奨学金や自分で貯めたお金を資金として留学する場合もあります。帰国後にみるかれらの成長ぶりには、いつも本当に驚かされます。本学科の教員の多くは留学経験や長期の海外研修の経験があり、学生の皆さんが世界を歩き・学び・識ることを積極的にサポートしています。

ただ、多くの学生が海外に飛び出している、とはいっても、はじめの一歩は誰でもとまどうものです。ここでは、留学中の、あるいは留学を終えて帰国した先輩に、留学に関するいろいろなメッセージを伝えてもらいます。在学中の後輩の皆さんや、未来の後輩である皆さんが、ここでのメッセージを「感じ」とり、先輩に続いて日本と世界の架け橋になることを期待します。
また、 先生の海外でのフィールドワークもとっても気になるところです。留学メッセージに加えて、本学科の先生にも海外フィールドワークの一端をレター形式で伝えていただきます。

学生のレター

「留学に関するメッセージ」は、下記の国名をクリックすると読むことができます。

2014年度

アメリカ
イギリス
ドイツ

過去のレター


学びの概要
カリキュラムと特色
「社会文化体験」科目群
演習(ゼミ)