MENU CLOSE

社会文化システム学科教員紹介(井沢 泰樹:金 泰泳)

  • English
  • 日本語

氏名
 井沢 泰樹(金 泰泳)
  Yasuki Izawa(Taeyoung Kim)

専門分野・研究テーマ

共生社会学 人権・差別・共生論、多文化共生論

代表的な著書

『アイデンティティ・ポリティクスを超えて-在日朝鮮人のエスニシティ』(単著)
支配文化の中で植えつけられた否定的イメージを被抑圧者みずからが語りなおす肯定的イメージへと政治的に是正する思想と運動を「アイデンティティ・ポリティクス」という。このアイデンティティ・ポリティクスの意義と限界を在日コリアンの教育現場を事例として明らかにする。

自己紹介

私自身が在日コリアンとして生きてきて、社会の差別の問題に強く関心を持つようになりました。「差別」はこの社会でできればないほうがよいものです。 しかしそれは一方で、「人間とはなにか」ということの根源的な問いを投げかけているともいえます。だからこそ差別の問題を考えていく意味があり、またそれをいかになくしていくのかということを考えていく意味があるとおもいます。

授業の紹介

「共生社会学」
日本社会と世界の差別・格差・貧困などの問題をとりあげ、こうした社会問題をいかに解決していくのかということ、また「共生」とは何かということを考えていきます。

「社会文化運動論」
私たちの多くは都市で生活をしています。そうした私たちは生産・消費・処理・再生産という生活のサイクルの中の「いかに消費するのか?」ということだけにもっぱら関心を向け、自分たちが食べたり使ったりするものを生み出すことの苦労や、 自分たちが食べたり使ったりしたものを回収したり処理することの苦労には無関心で、それらを他の人にまかせるだけ押しつけるだけで済ませています。そういう意味で現代社会における私たちの生活はとても“うすっぺらなもの”になってしまっているといえます。 この授業では「私たちにとって生活とは何か?」ということをいっしょに考えていきたいとおもいます。