1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 国際地域学部国際地域学科国際地域専攻
MENU CLOSE

国際地域学部国際地域学科国際地域専攻

  • English
  • 日本語

 ※現在の国際地域学部国際地域学科(国際地域専攻・地域総合専攻)は、2016年度入試をもって募集を停止し、「国際学部国際地域学科(国際地域専攻・地域総合専攻)」への発展的改組をします。

教育目標

国内外の地域発展に貢献することを目指し、環境との調和を図りながら地域の特性を活かした「まちづくり」とその持続的な発展を実現できる知識と実行力を有した人材を育成します。

概要

国際地域学科国際地域専攻では、まちづくりや地域発展のために必要となる異文化コミュニケーション能力を高める環境を備えています。教授陣は国際機関での勤務経験者や、海外を研究のフィールドとする者が多く、実践的な国際協力や都市・農村開発を学ぶことができます。教育面では、外国語科目(英語、中国語、ハングル、フランス語、スペイン語、ドイツ語、タイ語)を強化し、専門分野の科目でも自然に英語力が身につくように工夫されています。

1年生から小人数のゼミでは実践的な学習を行い、アジアや欧米の大学との協定にもとづきフィールド・スタディ(国内外での研修)を実践しています。さらに近隣の市町村や企業との連携を強化する中でインターンシップ科目を開設し、現場の経験を通してまちづくり、地域づくりを学んでいます。

特色

1年次は一般教養的教育科目を含め幅広く基礎を学び、2年次以降、将来の目標に従って専門的に学習することが可能です。専門分野は以下の3つのコースに分かれます。

国際地域学科 国際地域専攻 専攻分野

国際コース

複雑で多様な国際社会・地球の諸問題を、様々な視点から研究します。

環境コース

現代社会や地域社会、産業と生活など、私たちを取り巻く環境との関係についても幅広く学びます。

地域コース

地域経済や地方行政などについて知識とノウハウを習得し、国内外を問わず「地域づくり」について学びます。

また本学科では、学生の自力学修を促進するために、社会における実務や技能検定などで単位が取得できるインターンシップ制度を導入しています。「社会的・経済的活動」「地域活動」「海外活動」「情報技術」の4カテゴリに分かれ、無償の社会活動を行う地域活動実習として評価されています。