MENU CLOSE

総合政策学科教員紹介(小川 芳樹)

  • English
  • 日本語

氏名
 小川 芳樹
  Yoshiki Ogawa

教授(総合政策学科)

担当科目

「地球環境保全の理論・制度・政策」、「地球温暖化防止の制度と政策」、「ゼミナールⅡ、Ⅲ、Ⅳ」

入門講義

「地球環境問題を考える」

論文・著書

  • 「第14章 環境システム-エネルギー・物質・環境」、植草益編『社会経済システムとその改革-21世紀日本のあり方を問う』、NTT出版、2003年
  • 「第12章 石油産業の将来といくつかの問題」、植草益編『日本の産業システム 1.エネルギー産業の変革』、NTT出版、2004年
  • 「第4章 環境とエネルギー」、植草益編『先端技術の開発と政策』、NTT出版、2006年

コメント

1979年の第二次石油危機の最中に(財)日本エネルギー経済研究所に入所して、エネルギー問題の研究に従事しました。1988年の米国猛暑の中で渡米し、翌年日本へ戻ってから地球環境問題を専門で研究するようになりました。2002年から東洋大学大学院の先端政策科学で「エネルギーと環境」をテーマに客員を務めました。2004年から東洋大学で教鞭を取っています。皆さんといい出会いを楽しみたいと思います。