Faculty of Letters, Department of Philosophy//文学部哲学科

  • English
  • 日本語

Educational Objectives

Through the study of “philosophy”, which is the basis of all learning, you will be cultivated to reflect upon familiar issues from their essences, penetrate the coreof various problems, and prepare yourself for participating in the coming society.

The Outline

The department of philosophy,Toyo University, has always retained and promoted the ideal of “practice of philosophy” which is fundamental to our university, as the oldest department of philosophy among private universities in Japan, since the founding of “Shiritsu Tetsugakukan (The private school of philosophy)” in 1887.

In our department, you will learn a wide range of fields from ancient Greek philosophy to modern thought and think about various subjects deeply, in order to make inquiries into the possibilities of philosophy in the future, by taking over the intellectual heritage that philosophy has nurtured for 2,500 years and cultivating new perspectives on philosophy.

The class styles of the department of philosophy are divided into “lectures” and “seminars.”In “lectures,” students are expected to widen and deepen their understanding of philosophical knowledge.

In “seminars,” they are required to deal with original philosophical texts written in foreign languages and grasp the true message therein which cannot be obtained through translations, and by making active discussions based on such close readings, they will further be cultivated to consider anything.

Through these approaches, you will be expected not just to adapt yourself to the already well-established philosophical conceptual scheme, but to search always for something new by posing questions toward what is taken for granted in your ordinary life. As a result, you will actually aim at participating in the “practice” of philosophy which is what philosophy essentially should be, not solely getting knowledge of philosophy “on your desk”.

教育目標

諸学の基礎となる「哲学」を学ぶことを通じて、身近な問題を深く洞察し、物事の本質を見極め、これからの社会に積極的に対応できる力を養います。

概要

東洋大学哲学科は、明治20年の「私立哲学館」創設以来、実に124年、私立大学で最も歴史のある哲学科として、本学に脈々と息づく"哲学の実践"を担ってきました。2500年もの長きにわたって育まれた哲学の財産を受け継ぎ、さらに発展させてこれからの哲学の可能性を追求するために、古代ギリシア哲学から現代思想までを幅広く学び、深く考えていきます。

哲学科の授業は「講義」と「演習」に分かれ、「講義」では広くかつ深い哲学知識の理解を目指し、また「演習」では外国語の原典に取り組み、翻訳では得られない真のメッセージを読み解き、活発にディスカッションすることで考える力を伸ばしていきます。

そして、単に体系化された概念をなぞるだけではなく、常に新しいことを求め、疑問を投げかけながら、身の周りの事柄に目を向けていくことで、"机上の学問"ではない、哲学の本来あるべき姿である"実践"を目指しています。

特色

哲学科では1年生から少人数制の「演習」が始まり、徹底的に対話し討論することで、哲学すること=考えることを実践します。ひとつの意見に対して「どうしてそう思うの?」と教授や学生から常に問いかけられることで、さらに深い思索への道が開けていき、それぞれの考え方を理解することから対話力が培われていくのです。

また、哲学科は外国語に力を入れ、1・2年で英語、ドイツ語、フランス語から2科目を学び、それぞれの言葉で著された歯ごたえのある書物を読み解くことで、高度な語学力が身に付きます。

こうして哲学科で学ぶことで、考える力、コミュニケーション能力、語学力など、現代を生き抜くさまざまな"武器"が備わっていくのです。