1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 経営学部マーケティング学科
MENU CLOSE

Faculty of Business Administration, Department of Marketing//経営学部マーケティング学科

  • English
  • 日本語

Educational Goals

In the Department of Marketing, we express our educational goals as “3S,” which stands for marketing “sense,” “science,” and “strategy.” In marketing “sense,” continually thinking about problems from customer’s viewpoint is fundamental. Sensitivity to information is also important to understand what markets and customers desire. Regarding marketing “science,” the ability to objectively analyze and understand actual phenomena is important, and this is why we train students in multivariate analysis. Concerning marketing “strategy,” after students acquire and apply marketing theories, we teach them how to propose and execute great marketing strategies to use both marketing “sense” and “science.”

3S

Overview

In general, the ability to deeply understand customers is vital in marketing. In this regard, marketing refers to overall activities that include fulfilling customers’ needs, overcoming dissatisfaction, developing products and services that solve problems, efficiently communicating the characteristics of products and services to target customers, and encouraging them to make purchases.

In the Department of Marketing, we emphasize development of the ability to analyze marketing data in this era of big data. We also nurture the students as they learn how to analyze data, increase their sensitivity to data, hone their marketing sense, think strategically and generate ideas, and execute strategies based on these ideas.

As part of our curriculum, we have created three guidance courses to enable the students to learn both organizationally and systematically. In addition, we have structured specialized basic courses and core classes beginning in the first semester, after which students acquire high-level information through seminars from the third semester onwards. Our curriculum allows all of the students to achieve their goals.

Characteristics

① Prior to the beginning of school, new students attend an overnight “Freshmen Camp” in which they receive advice and counseling on student life from third-year students in the same field of study as well as visit an outlet mall (among other activities) with third-year student leaders and some faculty members. From the time they board the bus, new students are organized into groups of four people, after which they observe, stay overnight in a hotel, and eat as a group. In this way, all freshmen in the Department of Marketing are able to make each other’s acquaintance, even prior to the start of the school year.

② The spring semester of a student’s first year (i.e., first semester) is spent taking the required “Basic Training Lectures” after which they take the required “Beginning Marketing Data Analysis” course during the fall semester (i.e., second semester). Students learn the fundamentals of marketing during the first semester and adjust to the curriculum that includes university lectures, reports, and tests. During the second semester, they learn the fundamentals of data analysis in computer rooms after which all students in the Department of Marketing completing this semester are deemed ready for multiple regression analysis.

③ After completing the core marketing courses, the students are offered and upon taking them, the students are able to master more specialized subjects. This method of learning enables the students to learn and understand the details of marketing.

④ Beginning in the third semester, the students attend basic exercise courses, generally called “seminars.” The Department of Marketing puts significant effort into these seminars. By having the students study in groups, they tackle with the issues they found and determine the best ways to solve them. This type of learning develops the following skills, which enable the students to function in society: 1) the ability to work on a project despite the possibility of failure; 2) the ability to think through problems; and 3) the ability to cooperate with others to achieve goals. Through these seminars, the students complete a thesis each year, culminating in a graduation thesis during their fourth year. 

The enrollment capacity of the Department of Marketing is the smallest among the Faculty of Business Administration departments. Maintaining this capacity allows us to provide numerous activities ranging from our “Freshmen Camp” to our “Graduation Thesis Presentations.”

Department of Marketing Guidance Course

The Department of Marketing provides three courses: 1) Marketing Strategy; 2) Marketing Science; and 3) Distribution and Service Marketing. As the students confirm which subjects each course comprises, they will be better able to select the appropriate courses of study.

Marketing Strategy Course

As students learn to think from the customer’s perspective, they learn about different types of marketing strategies and contemporary topics, such as global marketing and Internet marketing (based on specific case studies), in addition to studying the basics of branding strategies, advertising, and channel strategies.
 

Marketing Science Course

Having a deep understanding of target consumers is critical to marketing. Thus, students in this course will survey different types of consumers, examine their consumption and purchasing behaviors, and analyze big data. In addition, students learn about consumer behaviors, marketing research, marketing science, and marketing data analysis.
 

Distribution Service Marketing Course

In this course, students learn about distribution industries, which consists of wholesalers and retailers as well as hospitals, hotels, and restaurants. This entails the study of logistics, retail management, chain store management, service marketing, and service management.

教育目標

マーケティング学科では、教育目標を3Sと表現しています。3Sとは、①マーケティングセンス(Sense)、②サイエンス(Science)、③戦略(Strategy)です。マーケティングセンスとは、常に顧客視点で問題を考えることが基本です。また、情報感度が高いことも必要になります。そして、市場や顧客が何を求め、何を必要としているのかについて敏感になることです。サイエンスとは、現実の事象を客観的なデータ分析によって理解することが基本になります。そのため、多変量解析を修得できるように教育していきます。マーケティング理論を理解し、それを応用することによって、マーケティングセンスとサイエンスで素晴らしいマーケティング戦略の立案・実行ができるように教育していきます。

3S

概要

常に顧客目線で発想し、どのようなニーズや不満があるのかを調査分析し、深く考察します。顧客のことを深く理解する力がマーケティングではとても大切です。そして、顧客のニーズや不満を満たし、解消するような商品をやサービスを開発し、効率よくその特徴をターゲットとする顧客に伝え、購入を促す活動全般をマーケティングといいます。

マーケティング学科では、ビッグデータ時代のマーケティングデータ分析力の育成を重視しています。データ分析力を身につけ、情報感度を高くし、センスを磨き、戦略的な発想で企画立案し、それを実行できる人材を養成します。

また、3つのガイダンス・コースを設置し、組織的、体系的に学習できるカリキュラムを作っています。それに加えて、1セメスタから学べる専門基礎科目、専門コア科目の設置,、3セメスタからのゼミナールなど質の高い授業を用意し、学生一人ひとりが目標を実現させるための体制を整えています。

 

特色

① 入学式の前に新入生対象の1泊2日のフレッシャーズ・キャンプを行っています。履修登録の指導・相談、学生生活についての3年生からのアドバイス、アウトレットモールの視察など3年生の学生リーダーと教員との触れ合いがあり、新入生はバスに乗る時から4人のグループを形成し、4人で視察し、4人でホテルに泊まり、4人で食事します。そのため、マーケティング学科の学生なら、誰でも入学式の前に必ず知り合いの学生ができます。

② 1年生の春(第1セメスタ)は「基礎実習講義」、1年生の秋(第2セメスタ)は「マーケティングデータ分析入門」という必修科目があり、第1セメスタではマーケティングの基礎を学びながら、大学での講義・レポート作成・試験に慣れてもらいます。第2セメスタではデータ分析の基礎をパソコン室で学び、第2セメスタ終了時点では、マーケティング学科の学生なら誰でも重回帰分析ができるようになります。

③ マーケティングのコア科目が指定されていて、そのコア科目を修得してからより専門的科目を履修するようになっています。ステップ型学習をすることによって、マーケティングをより確実に理解し、学びます。

④ 第3セメスタから基礎演習・演習が始まります。一般的には、「ゼミ」と呼ばれています。マーケティング学科はゼミに力を入れています。グループで研究してもらうことによって、自ら問題意識を持ち、自らがその問題解決をするように導きます。このような学習は、「社会人力」の形成に大きく貢献します。社会人力とは、(1)失敗しても粘り強く取り組む力、(2)問題意識を持ち、考え抜く力、(3)目標達成に向けて他人と協力する力、のことです。ゼミでは、毎年、論文を作成します。さらに、4年次には卒業論文を書きます。マーケティングを深く学び、社会にでる準備をします。

マーケティング学科は、経営学部の中では最も学生定員数が少ないのです。その特徴を活用して、「フレッシャーズ・キャンプ」や「卒論報告会」など特色のある活動をしています。

 

マーケティング学科 ガイダンスコース

マーケティング学科では、「マーケティング戦略コース」、「マーケティング・サイエンスコース」、「流通・サービスマーケティングコース」の3つのコースを設けています。どの科目が、どのコースに属するのかを確認することによって、履修する科目を選択するのに役に立っています。

マーケティング戦略コース

顧客目線で常に考えることを身につけながら、マーケティング戦略の理論を学びます。ブランド戦略論、広告論、チャネル戦略論などの基本的科目から現代的なグローバル・マーケティング論やインターネット・マーケティングなど多様なマーケティング戦略の理論を具体例と共に学びます。

マーケティング・サイエンスコース

マーケティングでとても重要なのはターゲットとする消費者を深く理解することです。そのために、各種の消費者調査をしたり、消費者の消費行動や買物行動の分析をしたり、ビッグデータを分析したりします。そのために、消費者行動論、マーケティング・リサーチ論、マーケティング・サイエンス論、マーケティング・データ分析論などを学びます。

流通・サービスマーケティングコース

卸売業・小売業といった流通業、及び病院・ホテル・外食産業など流通・サービス業に関する理論と実体・動向を学びます。そのために、流通論、小売経営論、チェーンストア経営論、サービス・マーケティング論、サービス・マネジメントなどを学びます。