1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 社会学部メディアコミュニケーション学科
  5. Audio Video Lab at the Department of Media and Communications//メディアコミュニケーション学科の実習室
MENU CLOSE

Audio Video Lab at the Department of Media and Communications//メディアコミュニケーション学科の実習室

  • English
  • 日本語

メディアコミュニケーション学科の実習室

The audio video lab at the Department of Media and Communications

The audio video lab at the Department of Media and Communications is a full-fledged film and video studio equipped with the latest professional-use digital broadcasting equipment. By using this room for practical learning courses and seminars offered at the Department of Media and Communications, students can try their hand at creating documentaries, dramas, and commercials. While we usually take the role of the audience of television programs and movies, through using the practical learning room, students will be presented with an opportunity to experience the creator or presenter side of film- and video-making and see video production from a new perspective.

スタジオ風景

With the advanced development of media technology and computer networking, we are approaching a new era where anyone can create and publicly present their own video productions. The lab is also used as a space for cultivating people who can effectively respond to this new era.

スタジオ風景

The lab allows for easy utilization of various special effects, such as image synthesizing called chroma keying, and for editing work to be done digitally on computers. Students can then publicly present their video productions by broadcasting them over the Internet. In addition, the learning room has more than 10 portable digital cameras, which allow students to shoot films and videos at outdoor locations as well.

  

Practice in Broadcasting Production

スタジオ風景

Production of Media and Practice is a specialized subject offered as one of the core requirements at the Department of Media and Communications. In this course, classes are taught using the film and video studio, filming equipment, editing equipment, and more.

スタジオ風景

To teach these courses, the University engages the services of external filmmaking specialists who are playing an active role at the forefront of the film industry. This allows students to learn the planning process and the actual creation process of film and video production in detail. Through planning documentaries, dramas, information or news programs, etc., shooting, and editing them, students are presented with an extraordinary opportunity to acquire a deeper understanding of the viewpoint of film or video creators.

メディアコミュニケーション実習室

「メディアコミュニケーション実習室」は最新の業務用デジタル放送機器を備えた本格的な映像スタジオです。メディアコミュニケーション学科の実習科目や演習科目では、この実習室を利用して、学生たちが、ドキュメンタリー、ドラマ、CMなどの作品制作を体験することができます。ふだん私たちは見る立場でテレビや映画に接していますが、実習室を利用することにより、作る立場、伝える立場を体感できるので、これまでとは異なった視点から映像作品をとらえることでぎるようになるでしょう。

スタジオ風景

メディアテクノロジーとコンピュータネットワークの高度な発展により、誰もが映像作品を自分で作り、自分で発信できる新たな迎えようとしています。実習室はこうした時代に対応できる人材育成の場としても使われています。

スタジオ風景

また、クロマキーと呼ばれる画像合成やさまざまな特殊効果も容易にでき、編集作業もパソコンを使ったデジタル編集のため、作品をインターネット放送として送信することも可能です。さらに、実習室には持ち運び可能なデジタルビデオカメラが十数台あり、野外ロケによる作品制作をすることもできるようになっています。

  

メディア制作実習

スタジオ風景

「メディア制作および実習」はメディアコミュニケーション学科の専門科目で、選択必修科目に位置づけられています。この授業では、実習室の映像スタジオ、撮影機材、編集機材などを使って学習します。

スタジオ風景

科目担当の講師には第一線で活躍する映像制作の専門家を学外から招き、映像作品の企画、制作の実際を具体的に学ぶことができます。受講者は、ドキュメンタリー、ドラマ、情報・報道番組などを企画し、撮影し、編集することを通して、ふだん体験することのできない作る側の視点の理解を深めることができるでしょう。