1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 社会学部メディアコミュニケーション学科
  5. Curriculum of the Department of Media and Communications//メディアコミュニケーション学科のカリキュラム
MENU CLOSE

Curriculum of the Department of Media and Communications//メディアコミュニケーション学科のカリキュラム

  • English
  • 日本語

The Department of Media and Communications offers various courses across three fields: information science, socio-informatics, and mass communication.  Based on their fields of interest and in consultation with faculty members, students can determine research areas that they wish to study over four years in the department.
In addition, the curriculum of the Department of Media and Communications offers various practice courses to allow students to acquire practical skills. For students intending to engage in the information industry, practice courses such as “Information Network and Practice” and “Database and Practice,” are available, and for those who intend to engage in the mass communication industry, “News Writing” and “Video Production” are offered. Through these courses, students can acquire professional and high-level skills that can be used in the working world.

Study Process at the Department of Media and Communications

During the period from enrollment to graduation, students acquire knowledge and skills about media and communications systematically in sequential order, from basic to advanced level. In their first and second year, students take basic courses and seminars on media and communications, and then acquire theory in these areas along with a wide range of knowledge on “Multi-Cultural Communication,” “Studies on Mass Culture,” and “Physical Communication.”
In their years of taking specialized courses, students are able to study functions and effects of mass communication through courses such as “Broadcasting Media,” “Principles of Newspaper Journalism,” “Advertising,” “Public Opinion,” and “Principles of Journalism”; as well as study various characteristics of information in society through courses such as “Lecture on Disaster Media and Communication” and “Media and Communication Studies on Environmental Issues”; and acquire knowledge and skills to process information through courses such as “Information Analysis,” “Information and Languages,” and “Mathematics for Information Technology.”

Curriculum

Details of the Curriculum of the Department of Media and Communications

* The curriculum applies to students enrolled in the department in AY 2016 or thereafter.

* The curriculum is subject to change.

Curriculum Map

The Curriculum Map of the Department of Media and Communications [PDF file/202 KB]

* For details of the curriculum maps, click here.

メディアコミュニケーション学科のカリキュラムマップイメージ

 メディアコミュニケーション学科で学ぶ学問の世界は、情報学、社会情報学、マスコミ学という3つの学問領域に広がっています。学生は、各自の関心に応じて、教員と相談をしながら、大学の4年間で学ぶ研究領域を設定することができます。
また、メディアコミュニケーション学科のカリキュラムでは、実践的な技能を身につけるための実習が充実しています。情報産業をめざす学生には「情報ネットワーク論および実習」「データベース論および実習」など、マスコミ産業をめざす学生には「マスコミ文章作法」「映像メディア制作」などの実習科目が用意されています。これらの科目を通して、実社会で通用する専門的で高度な技能を身につけることができます。

メディアコミュニケーション学科での学習プロセス

 入学から卒業までのあいだに、メディアコミュニケーションについての知識と技能を、初級から上級まで順を追って体系的に学習します。1・2年次を通してメディアコミュ ニケーション学の基礎および演習を履修し、その上でメディアコミュニケーション学の理論と「多文化コミュニケーション論」「大衆文化論」「身体コミ ュニケーション論」などの幅広い知識の吸収をはかります。
 専門課程では「放送メディア論」「新聞メディア論」「広告論」「世論」 「ジャーナリズム論」などでマス・コミュニケーションの機能や効果を学び、「災害情報論」「環境メディア論」などで社会における多様な情報の特性を学び、「情報分析論」「情報と言語」「情報数理」などを通して情報を扱うための知識と技術を修得します。
 

教育課程表

メディアコミュニケーション学科 カリキュラム詳細

※2016年度以降の入学生用のものです。

※カリキュラムは一部変更になる場合があります。

カリキュラムマップ

メディアコミュニケーション学科のカリキュラムマップ [PDFファイル/202KB]

※カリキュラムマップについてはこちら

メディアコミュニケーション学科のカリキュラムマップイメージ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)